弓道部男子 、王座決定戦で初優勝!

2013/11/25


表彰式

学生弓道の最高峰を競う第61回全日本学生弓道王座決定戦(通称:王座)が、11/22(金)、23(土)の2日間にわたって伊勢神宮で開催され、弓道部男子が優勝しました。

試合は全国から集まった強豪校10大学によりトーナメント方式で競われました。1回戦は東海大学、準決勝戦は立命館大学に順調に勝ち進んだ本学が、決勝戦の対戦相手となったのは、東北地区代表の東日本国際大学(福島県)。全160射のうち、桜美林大144中、東日本国際大が137中で、全国の頂点に立ちました。

石山佳彦監督は、「創部43年目にして、男子の王座初優勝です。本当によくやってくれました。最高の年です」とコメント。長澤駿祐主将(健康福祉学群4年)は「王座での優勝を目標にしてきたので、感無量です。ただ目指していた的中数に、今一歩及ばず残念です。来年の(王座の出場権が得られる)リーグ戦では、後輩たちに今年以上の成績を出してほしいです」と、思いを語りました。

なお、最優秀選手には大塚大輔さん(健康福祉学群3年)、優秀選手には長澤駿祐主将(健康福祉学群4年)、内藤 歩さん(リベラルアーツ学群2年)が選ばれました。


決勝戦の様子。長澤駿祐主将は、左から2番目。

お問合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ