弓道部男子 リーグ戦一部初優勝、王座決定戦へ出場

2013/11/01

東京都学生弓道連盟リーグ戦が9月中旬から10月末まで行われ、男子は一部リーグ優勝、女子は一部リーグ準優勝しました。この結果により男子は、学生弓道の最高峰を競う全日本学生弓道王座決定戦(通称:王座、11月22日〜24日、於 三重県伊勢神宮)への出場が決定しました。

男子は2005年に一部リーグに初めて昇格後、2008年以降は一部リーグをキープしてきました。何度かチャンスに恵まれながら男子が一部リーグ戦で優勝したのは、創部43年目にして初めて。王座への出場は2001年(全日本学生弓道選手権大会で優勝)以来2回目となります。

「優勝でき、嬉しいです。王座では、序盤でいかに良い成績を出せるかが課題です」と語るのは長澤駿祐主将(健康福祉学群4年、前列中央)。リーグ戦では、各自20射、計160射のところ、王座の準決勝までは各自12射、計96射で競われるからです。ここぞというときの粘り強さが持ち味だという弓道部は、いかに良い立ち上がりを見せるかが勝負の鍵です。

お問合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ