弓道部 土屋道知さん、全国大会で3,232人の頂点に

2013/09/27

全国から3,232人の学生射手が参加した第61回全日本学生弓道選手権大会男子個人戦(本選8月22日、於日本武道館)で、弓道部の土屋道知さん(つちや ゆきのりさん、ビジネスマネジメント学群4年)が、優勝しました。

3次を通過すると個人決勝では、順位を決定するために優勝が決まるまで一射ずつ競う射詰競射になります。さらに、射詰競射4本目からは的が直径36㎝から直径24㎝へと小さくなります。5本目で3名敗退し、最後は土屋さんと愛媛大学の選手との一騎打ちになりましたが、6本目も的中した土屋さんが全国の頂点に立ちました。

予選(7月初旬開催)から本選まで大会トータルで、15射全て的中させた土屋さん。「これまで大学では個人の結果を出していなかったので、最後の年に最高の結果を残すことができて良かったです。個人戦の前日に団体戦が二回戦で敗退していたので、落ち込んでいました。落胆していた分、個人では勝ちにこだわらず、自分の射に集中することができました」と喜びを語りました。

お問合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ