留学生が防災訓練を受けました

2013/04/05

この春学期から桜美林大学で学ぶ外国人留学生(短期留学生、交換留学生)65名が、4月5日町田消防署と町田市市民部防災安全課の協力を得て、町田キャンパスで防災訓練をしました。

参加者は、2年前の東日本大震災の映像を見た後、救急電話のかけ方や身の守り方など災害時の対応について講義を受けました。また、実際に消火器を使っての消火活動や起震車での地震を体験しました。




起震車では、1995年に起きた阪神・淡路大震災と
同じ震動(震度7から徐々に揺れが弱まる地震)を
体験。

起震車に乗ったワシントンD.C.出身のレスリー・ナッパーさん(提携校:TOWSON UNIVERSITY)は、「初めて地震を擬似体験しました。非常時に対応できるように準備したいです」と感想を述べました。

お問合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ