Jリーグ界初の取組み、桜美林、玉川との大学連携でマッチデー開催

2012/07/09


場外イベントのアナウンスを担当した志田陽子さん(右、
リベラルアーツ学群3年)、今井遵さん(左、同2年)。

本学は今年から玉川大学と共同で、地域貢献・スポーツ振興・教育連携を目的に、J2所属のFC町田ゼルビアのスポンサーとなり、両大学の支援組織をCOUMZ(コウムズ、Consortium of Universities in MACHIDA ZELVIA)として活動しています。

7月8日のヴァンフォーレ甲府戦では、初めての連携イベント「COUMZマッチデー」が催され、両大学による4つのブースが開かれました。

多摩美術大学、女子美術大学も含めた4大学の美術系を専攻する学生たちがフェイスペイント&うちわ作りを担当したり、本学の草の根国際理解教育支援プロジェクトが世界の蹴鞠(リフティング)ゲームを催したりするなど大勢の方で賑わいました。




オープニングでは両学園の幼稚園児がエスコートキッズ、本学ソングリーディング部CREAMはフラッグベアラーとして登場。OACU(桜美林大学 体育文化団体連合会)強化チームクラブの学生約200名が誘導や応援にあたり、両大学の関係者を含めると計500名ほどが今回のイベントに協力し、4,525人の来場者を迎えました。

お問合せ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ