総合文化学群を芸術文化学群に名称変更(2013年4月より)

2012/06/25

桜美林大学は、現在の総合文化学群を2013年4月より「芸術文化学群」に名称変更いたします。

総合文化学群は、2000年の文学部(当時)に総合文化学科を発足させたことにさかのぼります。その後2005年に総合文化学群として独立し、演劇[演劇・ダンス]、音楽、造形デザイン、映画等の分野を幅広く追求し、アートの専門家として社会に通用するスキルを身につけた人材の養成等を目的として、総合的文化教育(芸術系分野)に係る教育等を行っています。

学科の設立当初から文学、哲学・思想、美学等の講義を基本として、音楽や美術、演劇等のプログラムを立ち上げました。学群となってからも、その内容は充実し、さらに学びの選択肢も増え、複数の芸術領域において、講義も演習も実習も整った学群に成長してきました。設立から12年が経ち、発展した学群の現在の教育研究をより正確に表すために、2013年4月より芸術を前面に押し出した「芸術文化学群」へと学群名称を変更いたします。

なお、在校生については現行の総合文化学群のままです。

お問い合せ

桜美林学園 経営企画室
TEL : 042-797-4819

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ