演劇コース卒業生 藤田貴大さんの作品が岸田國士戯曲賞の最終選考にノミネート

2012/02/06

文学部総合文化学科演劇コース(現在の総合文化学群)卒業の藤田貴大さん(第四期生)の作品『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』 (上演台本)が第56回岸田國士戯曲賞最終候補作品にノミネートされました。岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)は、「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる新人劇作家の登竜門です。最終候補作品に選ばれたのは全8作品で、3月5日に最終選考が行われます。

 藤田さんは、在学中の2007年に全作品の脚本と演出を自ら務める演劇集団「マームとジプシー」を設立。以来、横浜を中心に演劇作品の発表を行い、現在最も注目を浴びる若手の一人です。昨年12月の朝日新聞の紙上では、演劇評論家が選ぶ2011年の「3点」として、藤田さんの作品が三谷幸喜・蜷川幸雄両氏の作品と並んで選ばれました。

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ