映画コースの作品が「さがまちAWARD2011」でグランプリ受賞

2012/03/26

総合文化学群映画コースの授業で制作した作品『25g』が、2012年3月24日に開催された「さがまちAWARD2011」でグランプリを受賞しました。

『25g』は映画コース3年の入江修平さん、瀬戸まりあさん、久保実結菜さんが2011年度の授業『制作実習II』で制作した作品。かつて相模原地域で盛んだった養蚕業の現状を追ったドキュメンタリーです。

「さがまちAWARD2011」は、J:COMの番組「さがまちバンバン」で放映された、さまがち加盟大学の学生が作った作品を評価してAWARDで表彰するもの。2011年度は14作品のなかから『25g』が選ばれました。

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ