「アートラボはしもと」に関する基本協定を締結

2012/03/12


加山相模原市長を中心に本学(右端)を
含む4大学の代表者

桜美林大学は近隣の美術系大学と共に、相模原市との間に「アートラボはしもと」に関する協定を締結しました。

相模原市及び近隣には美術・芸術系大学があり、特に橋本地区周辺に住む学生数は、全国的に見ても最も多いと言われています。
「アートラボはしもと」は行政を中心にこれらの大学が連携し、学生たちが社会や他校の学生と対峙しながら互いに学び合い、さらに地域づくりに参画できる拠点を開設するものです。アートを媒介に産官学・市民が連携し、教育活動や発表、まちおこしイベント等を通じ関係者・機関とのネットワークを構築して、将来の相模原市の美術館整備にむけての機運を高めていきます。

3月9日に相模原市役所でおこなわれた締結式には、加山俊夫相模原市長及び女子美術大学、多摩美術大学、東京造形大学の代表者と本学からは大越孝副学長が出席しました。

お問合せ

桜美林大学 地域連携推進室
TEL : 042-797-5394

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ