第16回ヨーロッパスポーツ科学会 本学学生2名が研究発表

2011/07/25

 2011年7月6日~9日に、イギリスのリヴァプールでヨーロッパスポーツ科学会が開催されました。世界各国から2000名以上の参加者があったこの学会の研究発表で、本学の学生2名(大学院健康心理学専攻1年 上野雄己・LA学群4年 雨宮怜)が研究発表を行いました。

 この研究発表は、概要についての予備審査に合格した者だけが許されるため、審査の合格通知が来るまでは緊張の連続。発表当日は、ポスターの前で研究概要の説明そして質疑応答を行い、とても有意義な時間を過ごしたと言います。

 また学生たちは、本学から参加した健康福祉学群の宮崎光次先生、緑川泰史先生とともに、ビートルズ所縁の地でもある美しい街での学会において、世界水準の研究に触れ、刺激を受けて帰国しました。


上野 雄己(写真右)
(Development of Physical and Socio-Psychological Stressors Scale for University Athletes)
雨宮 怜(写真左)
(Development of an Alexithymia Scale for University Athletes —The relationship between sports alexithymia,socio-demographic variables and athletes burnout—)

お問い合わせ

桜美林大学 入試広報センター
TEL : 042-797-9772

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ