桜美林「大学シュンポシオン」 中国の教育政策と高等教育 ー国家中長期教育改革と発展計画の解読ー

2011/10/04

第7回 桜美林「大学シュンポシオン」では、2010年6月に中国共産党中央政治局会議で採択された『国家中長期教育改革と発展計画綱要(2010-2020)』の意義と、日本への影響について、李 東翔客員教授が読み解きます。また、この解読をもとに、中国の教育政策と高等教育について議論を展開します。

「国家中長期教育改革と発展計画綱要」について
この綱要で中国は、引き続き教育を最優先の地位に置き、教育の改革と資金投入を拡大し、2020年までに人的資源の強国になる事を目指すとしました。具体的には「2020年までに中国は、教育の近代化を基本的に実現し、学習型の社会を築き上げ、人的資源の強国になる」と掲げています。さらに、「高等教育を国民の90%まで普及させ、大学の入学率を40%に引き上げ、2億人の国民が大学教育を受ける」という目標を示しています。
日時2011年10月22日(土)16:00-18:00
場所桜美林大学四谷キャンパス (Y308)
参加費無料(定員30名)
参加申込方法e-Mailにて、桜美林大学四谷キャンパス g-schl-s@obirin.ac.jpまで、お申込みください。 メールの件名を「大学シュンポシオン申込」として、(1)氏名 (2)所属(勤務先) (3)部署 (4)役職名 (5)連絡先(郵便番号・住所) (6)メールアドレスをご入力ください。
申込締切2011年10月19日(水)

お問い合わせ

桜美林大学 四谷キャンパス事務室
〒160-0004  東京都新宿区四谷1-21
TEL : 03-5367-1321
Email : g-schl-s@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

境川クリーンアップ作戦 町田市倫理法人会で本学学生が調査結果を発表

2017/11/15

町田市と相模原市のコミュニティーの活性化を目的とした「境川クリーンアップ作戦」。…

続きを読む

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」12/2(土)公開

2017/11/13

芸術文化学群映画専修初の劇場用映画「やがて水に帰る」が、12月2日(土)から渋谷…

続きを読む

老年学研究科が東京老人保健施設協会と推薦入試に関する協定を締結

2017/11/10

桜美林大学大学院老年学研究科は、一般社団法人東京老人保健施設協会(東京都新宿区、…

続きを読む

ページトップ