スタンフォード大学・桜美林大学協定記念レクチャーシリーズ第13回 1/12(木)

2016/12/08

桜美林大学とスタンフォード大学との協定に基づく学術交流の一環として、レクチャーシリーズを開催しています。

この度、第13回レクチャー「Benjamin Smith Lymanと『連濁』− 法則の発見」を実施しますので、皆さまお誘い合わせの上、お越しください。

Benjamin Smith Lymanと「連濁」− 法則の発見
要旨:ライマン (Benjamin Smith Lyman [1835〜1920]) は、地質学と鉱山学の専門家であった。1873年に明治政府の申し出を受け、いわゆる「御雇外国人」として来日し、8年間も滞在した。1894年に出版された論文において「ライマンの法則」等を提案した結果、後年に言語学界で有名になった。
ライマンの法則は「連濁」に関する制限である。連濁とは日本語で一番よく知られている音韻交替で、例として‘猿’という意味の要素が「日本猿」ではざると発音されることが挙げられる。‘猿’は、「猿」(さる)や「猿真似」(さるまね)のように、語頭では清音のさで始まるさると発音される。しかし、「日本猿」(にほんざる)のように、後部要素となる場合は濁音のざで始まるざるとなる。
ライマンの法則とは、ある要素の中にすでに濁音があれば、その要素は連濁しないという制限である。例えば、「青鮫」の場合は、あおとさめが複合し、あおざめになるが、「青鷺」の場合は、後部要素のさぎはざぎにはならない。このさぎという要素に含まれている濁音のぎが連濁を防ぐということである。
しかし、ライマンは言語学者ではなかったので、実はこの法則を自分で発見したかどうかは疑問である。本発表の主な目的は、この謎の解明である。

ティモシー・J・バンス
国立国語研究所教授
1977年アメリカ・カナダ大学連合日本研究センターを卒業後、79年シカゴ大学言語学科で博士号を取得。専門分野は音声学、音韻論、文字研究。フロリダ大学助教授、ハワイ大学准教授、コネチカット・カレッジ教授、アリゾナ大学教授などを経て、2010年より国立国語研究教授。著書に An Introduction to Japanese Phonology (State University of New York Press, 1987)、 The Sounds of Japanese (Cambridge University Press, 2008) など。2000年~09年には全米日本語教育学会の機関誌 Japanese Language and Literature 編集長を務めた。

日時2017年1月12日(木)16:10~17:40
場所町田キャンパス 崇貞館6H
申込み不要
その他使用言語:英語(質疑応答は日本語も可)

お問い合わせ

桜美林大学大学院事務室
Email : g-school@obirin.ac.jp

イベント情報

2017
11/20

(一財)アジア・ユーラシア総合研究所 11月度活動11/20(月)、25(土)

アジア・ユーラシア総合研究所の11月度の活動は、以下の通りで…

2017
11/28

産業研究所第5回研究報告会 「中国の『美しい郷村建設』と農業産業化の進展」11/28(火)

桜美林大学産業研究所では学内外を問わず講師をお招きして、国内…

2017
11/29

小林玲子ゼミ オペラ「魔笛」ハイライト公演 11/29(水)

今回で10年目を迎える小林玲子ゼミ オペラ公演。…

2017
11/30

映画上映会「カンタ!ティモール」11/30(木)

日本の南五千キロにあるティモール島は、貴重な樹木や資源が豊か…

2017
12/09

第7回留学生による日本語カラオケ大会12/9(土)

桜美林大学の留学生が出場するカラオケ大会を開催します。…

2017
12/15

公開講演会「脱原発と核兵器廃絶をめざして —私たちに何ができるのか」12/15(金)

リベラルアーツ学群の倫理学専攻は、NPO法人原子力資料情報室…

ページトップ