産業研究所定例研究会 第7回「東海第二原発と自治体、企業、諸団体の動向」12/22(月)

2014/12/15

産業研究所では学内外を問わず講師をお招きして、国内外の産業界をテーマに定例研究会を開いています。2014年度第7回である今回は、渥美剛先生(リベラルアーツ学群准教授)が「東海第二原発と自治体、企業、諸団体の動向」をテーマに報告を行います。
本学の学生、院生、教職員は勿論、学外の皆さんの参加もお待ちしております。

【概要】
東日本大震災から3年9カ月、福島第一原発の事故処理は汚染水や廃棄物管理で行き詰まり、地域社会の再建は全く見通しが立っていない。一方、政府は原発再稼働政策に転じ、原発立地自治体は脱原発か、原発依存を続けるかの岐路に立っている。 とりわけ、首都圏に最も近く、半径30㎞圏に全国最多の約96万人が居住する東海第二原発の動向は、今後の日本の原子力政策を占う上で重要な意味を持つ。研究会では、大震災以後の東海第二原発を巡る村、県、関連企業及び諸団体の動向を中心に報告し、今後の現地調査の方針について議論を深めたい。

日時2014年12月22日(月)16:20~
場所町田キャンパス 碩学会館1F会議室
参加費無料
申込み不要

お問い合わせ

桜美林大学 産業研究所(担当:木之内)
TEL : 042-797-9799
Email : i-indust@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ