桜美林アートマネジメント人材養成推進事業 研修生募集

2014/09/16

「平成26年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業」採択事業

「桜美林大学アートマネジメント人材養成推進事業」
〜桜美林大学のリソースを活用した舞台芸術と地域文化の振興に寄与する人材の実践的養成カリキュラム〜OASP/Obirin Art Management Staff Training Project 

公共ホール職員や芸術系大学卒業生等が、桜美林大学のリソース(舞台作品、教員、劇場施設等)を活用した講義と実践の両面から、舞台芸術と地域文化振興に寄与するアートマネージメント能力を磨くための研修プログラムです。

本事業、お申込みについての詳細はこちら

講座

アートマネジメントに関して、幅広い知識と視野を得ることのできる講座。体験的な実感に基づくものから体系的な視点に立つものまでの、「Ⅱ実習プログラム」に先立つ事前講座を、アートマネジメントの第一線の講師を招聘して実施します。

アートマネジメント講座 全4回 申込み締切:9月30日(火)必着 

アートマネジメントの現状と将来ビジョンを多面的な切り口から講義します。

アウトリーチ講座 全2回 申込み締切:9月30日(火)必着 

アウトリーチの効果や必要性、現状における講座と共に、実際にアーティストが実施しているプログラムをレクチャーします。

企画制作講座 全2回 申込み締切:10月30日(木)必着 

実際の公演における効果的な広報方法や公演の進め方など、実務面におけるノウハウをレクチャーします。

実習プログラム

※実習プログラムは、ぜひ各関連講座と合わせてご参加ください。

アウトリーチ実習 申込み締切:9月30日(火)必着/10月25日(土)必着/11月22日(土)必着 

音楽、演劇、ダンス、各ジャンルの第一線で活躍しているアーティストが相模原、町田市内の小学校、養護学校、福祉施設で行うアウトリーチ活動。実際に見る機会が少ない現場に立ち会い、アーティストのアプローチや子供たちの反応を体感、学校関係者とのフィードバックにも参加します。講座では実際にアウトリーチの必要性、社会における効果、また実際のアーティストから、アウトリーチプログラムにおける工夫について学びます。

※主に町田・相模原市内の小学校・福祉施設にて実施。3回以上の参加を条件とします。
実施時期ごとで締切日が異なりますのでお気をつけください。

企画制作公演実習  申込み締切:10月21日必着 

「3.11」という今日的な課題をモチーフにした創造公演。研修生が企画・制作の一端を担い、準備から公演までの現場に携わることにより実践的なスキルを身につける実践の場とします。

振り返りと見定め ※研修生はできる限りご参加ください。 

当該事業のディレクターである能祖將夫と高瀬久男が事業全体を振り返りながら研修生と意見交換を行い、舞台芸術と公共ホールの今後の在り方をはじめ、現場に戻ってどのように活かしていくのか等について、ディスカッションを行います。

お問い合わせ

桜美林大学プルヌスホール
TEL : 042-704-7133 (平日10〜18時)
FAX : 042-704-7022 (24時間)
Email : prunus@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ