桜美林大学クワイヤー 立春に聴く教会音楽コンサート2/8(土)

2014/02/05


バッハが半生を過ごし、受難曲を生み出した
ドイツ・ライプツィヒの聖トーマス教会

立春、日本では寒いながらも春の足音が聞こえてくる季節。
ヨーロッパの国々では、これからイエス・キリストの十字架上の死に思いを馳せる【受難節】に入り、まだまだ夜が長く暗い日々が続きます。
そんな季節に、教会に鳴り響く荘厳な音楽をお聴きください。

みなさまのご来場をお待ちしております。

<曲目>
イアン・ヒギンソン 聖エドゥアルドのミサ
ウィリアム・バード アヴェ・ヴェルム・コルプス
メンデルスゾーン ラウダーテ・プエリ
J. S. バッハ マタイ受難曲より
   「愛ゆえにわが救い主は死にたもう」
   「わが心を清くしたまえ」
J. S. バッハ ロ短調ミサより 「グローリア」

<出演者>
出演・桜美林大学クワイヤー(合唱・独唱)
独唱:小林玲子(ソプラノ)上杉清仁(アルト)
   植木紀夫(テノール)初鹿野剛(バス)
ホルン:松岡邦忠 ピアノ:小早川朗子
指揮:横山正子

日時2014年2月8日(土) 開演18:00
場所桜美林大学 プラネット淵野辺キャンパス(PFC)エントランスホール
入場無料

お問い合わせ

桜美林学園 キリスト教センター
042-797-1695(平日)

インフォメーションセンター
TEL : 042-797-1583(土曜日)

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ