スタンフォード大学・桜美林大学協定記念レクチャーシリーズ第4回 5/13(月)

2013/05/09

第4回講演会「来訪神行事の行方 —伝統と観光の一考察—」

2009年に結ばれた桜美林大学とスタンフォード大学との協定に基づく学術交流の一環として、レクチャーシリーズを2011年度より開催しています。

この度、第4回講演会「来訪神行事の行方 —伝統と観光の一考察—」を下記の要領で実施いたします。教職員・学生に加え、一般の方も歓迎いたしますので、奮ってご参加ください。

このシリーズの講演者は、スタンフォード大学や、スタンフォードが横浜のみなとみらいで運営する米加大学連盟日本研究センター(Inter-University Center for Japanese Language Studies)出身の著名外国人日本研究者です。

日時2013年5月13 日(月)16:10~17:40
会場町田キャンパス 明々館A204
講師Michael Dylan Foster(米国インディアナ大学准教授)
言語日本語


トシドン祭り

【要旨】
各地域には、世代から世代へ受け継がれている文化行事、すなわち伝統がある。ただし、伝統とは、決して昔と同じ姿を留めるものではなく、世代の移り変わりとともに必要に応じて変化を取り入れながら継続されていくものである。本講演では、秋田県のナマハゲと鹿児島県のトシドンという来訪神行事を紹介した上、 両地域の住民が、それぞれの伝統文化のありかたを保ちながら、どのように伝統を観光資源として活用し、観光客を受け入れるかを考える。 そして、地域での老化、少子化、 経済的ニーズ等という現状の上、どのように来訪神行事の「正当性」や機能 が変わるのかを考えたい。


ナマハゲ祭り

【講師略歴】
Michael Dylan Foster(写真の右側)
スタンフォード大学Ph.D.(2003 年)。インディアナ大学民俗学科及び東アジア言語文化学科准教授、国際日本文化研究センター外国人研究員。民俗学と日本文学の研究、特に妖怪や奇異現象に関する研究を行っている。現在、祝祭・儀式と観光、メディアに関心を寄せている。著作に、2009 年のChicago
FolklorePrize を受賞したPandemonium and Parade: Japanese Monsters and the Culture of Yōkai(University of California Press,2009 年)、“Haunting Modernity : Tanuki, Trains, and Transformation in Japan,” Asian Ethnology 71:1(2012 年)など。

お問い合わせ

桜美林大学大学院
TEL : 042-797-0438

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ