産業研究所 定例研究会「北極をめぐる気候変動の政治学」10/18(金)

2013/10/08

産業研究所では学内外を問わず講師をお招きして、国内外の産業界をテーマに定例研究会を開いています。

2013年度 第4回である今回は、本学リベラルアーツ学群 片山 博文教授(経済・経営学系)が「北極をめぐる気候変動の政治学」をテーマに講演会を行います。

本学の学生、院生、教職員は勿論、学外の皆さんの参加もお待ちしております。


【発表の概要】
現在、温暖化の進行により北極海の海氷の融解が進行し、新航路の開通や地下資源の開発に期待が寄せられています。そうした中、北極海沿岸5ヵ国(アメリカ、カナダ、ノルウェー、デンマーク、ロシア)は、他3ヵ国(スウェーデン、フィンランド、アイスランド)とともに「北極評議会」を結成し、北極海域を国家主権によって分割することにより、資源開発を推し進めようとしています。本報告では、フーコーの「統治性」理論に依拠しながら、これまでの沿岸5ヵ国による北極開発のプロセスについて、先住民との関係を重視しながら比較制度分析を行い、北極開発の今後を展望します。

日時2013年10月18日(金)16:20~
場所桜美林大学 町田キャンパス 碩学(せきがく)会館1F会議室
参加費無料

お問い合わせ

桜美林大学産業研究所
TEL : 042-797-6493
Email : i-indust@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ