「東日本大震災と知の役割」連続セミナー(全7回)第6回 7/11(水)、第7回 7/18(水)

2012/07/09

5月から開催してきました連続セミナーも残すところ、残り2回となりました。第6回は、産業の視点から復興への道を探ります。

学生、教職員、市民の皆さまのご参加をお待ちしております。


第6回 7月11日(水)山口哲朗「従業員による雇用確保への道」(敬省略)

時間:18:00~19:30
場所:町田キャンパス 明々館A304教室


なお、最終回となる7回目は、下記を予定しています。(時間、場所は上記同様)

第7回:7月18日(水)
白澤政和(敬省略)
「被災地域での高齢者の生活支援についての提案—ソーシャルワークの視点から-」


桜美林大学国際学研究所編『東日本大震災と知の役割』(勁草書房、2012年)出版記念
「東日本大震災と知の役割」連続セミナー(全7回)

「大学という『知』の拠点にいるわれわれは直接ではないにせよ、少なくとも間接的には東日本大震災に対し負うべき責任はあると考える。賛成、反対を問わず、誰もが原発エネルギーの受益者だったこと、現在に至る政党政治や官僚政治を支えてきたことなど、その悔悟と無念の反省と、二度と過ちを繰り返さず若い世代に安心で豊かな国や社会を引き渡すという覚悟に立って、今われわれが果たすべき役割は何かを自問自答しなければならないと思う。」(序章より抜粋)

以上の問題意識をもった19人の教員が参集し、今年3月に桜美林大学国際学研究所編『東日本大震災と知の役割』(勁草書房)を上梓しました。

そして今、執筆者の教員有志が再び集まり、より広く学内外の方々に私たちの思いを伝えるために、さらに社会に対し大学としての「知」の責任と役割を果たすために、本学の学生、教職員に限らず市民の方々にも向けた7回の連続セミナーを企画しました。

お問い合わせ

桜美林大学 加藤朗研究室(B304)
TEL : 042-797-8721
FAX : 042-797-8721
Email : akira@obirin.ac.jp

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ