オベリン音楽院准教授ジャック・ミッチェナー氏  オルガンコンサート6/8(金)

2012/06/05

アメリカ・オハイオ州のオベリン音楽院(Oberlin Conservatory of Music)よりオルガン准教授で著名なオルガニストであるジャック・ミッチェナー氏を招き、コンサートを開きます。皆様お誘いあわせの上、ご来場くださいますようお願い申し上げます。

◆オルガンコンサート
6月8日(金) 開場18:00 開演18:30
~プログラム:~
G.ベーム:プレリュード ハ長調
J.S.バッハ:装いせよ、わが魂よ(BWV 654)
J.S.バッハ:キリエ、聖霊なる神よ(BWV 671)
J.S.バッハ:愛するイエスよ、我らここに集いて(BWV7319)
J.S.バッハ:ファンタジーとフーガ ト短調(BWV542)
F.メンデルスゾーン:ソナタ 第1番 Op.65
M.V.サンドレスキー:オルガンミサ「武装した人」
L.ヴィエルヌ:オルガン交響曲 第1番  Op. 14 第6楽章フィナーレ

日時◆オルガンコンサート 2012年6月8日(金)開場18:00 開演18:30
場所桜美林大学 町田キャンパス 荊冠堂チャペル
参加費、入場料など無料、全席自由
申込み不要
主催総合文化学群音楽コース

ジャック・ミッチェナー氏(Jack Mitchener)略歴 オベリン音楽院准教授、コンサート・オルガニスト。 アメリカ・ロチェスター大学イーストマン音楽院修了。音楽学博士。 オベリン音楽院においてオルガンの指導にあたる傍ら、演奏活動も積極的に行っており、近年はパリのノートルダム大聖堂、アメリカ・オルガニスト協会の定例会議において演奏会を行った。また、フランスのビアリッツ国際オルガンコンクールにおいて審査員を務めた。The Diapason誌において、「詩的な演奏家」、「素晴らしい力強さと堅実さを兼ね備えた演奏」と高く評価されている。また、ノースカロライナ州オールドセーラムの歴史的楽器タンネンベルク・オルガンによるCD録音は、「重要な録音であるとともに、印象的で心を揺さぶられる(International Record Review, London)」と称賛された。

お問い合わせ

桜美林大学 徳望館事務室

TEL : 042-797-9804、042-797-6592

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ