桜美林大学パフォーミングアーツプログラム〈OPAP〉vol.42「死の棘」

2010/09/06

毎回プロの演出家を迎え、学生がキャスト・スタッフを務める総合文化学群 演劇コース主催の桜美林大学パフォーミングアーツプログラムが第42回目の公演を迎えます。

「死の棘」(原作:島尾敏雄)は今回の演出家である鐘下辰男(桜美林大学専任講師)が主宰する劇団「演劇企画集団THE・ガジラ」でも上演されました。夫と妻、男と女、人間と人間との葛藤を描いた「死の棘」を、鐘下辰男が再構成し、学生と共につくりあげたら一体どんな作品に仕上がるのか。「人間の身体と感覚」を限界まで高めてつくられた舞台を、肌で感じてみてください。プルヌスホールにて皆様のご来場を心よりお待ちしております。

公演案内

日 程 : 2010年9月18日(土)~9月25日(土)

最新のお知らせ

2015年度 国際学研究所講演会12/2(水)

2015/11/19

桜美林大学国際学研究所は以下の講演会を実施します。 皆さんお誘い合わ…

続きを読む

春季首都大学野球連盟1部リーグ、4/11(土)開幕!

2015/04/09

野球部は首都大学野球1部リーグ優勝を目指し、チームスローガン“飛躍”を胸に、心を…

続きを読む

「世界の友達」による世界の言語と文化交流会 3/31(火)・4/1(水)

2015/03/30

「世界の友達」は、本学の基盤教育院外国語教育デパートメントが後援する、留学生を含…

続きを読む

ページトップ