サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

シラバス詳細情報

開講年度 2014年度
開講学期 2014年度 秋学期
授業コード 25989
科目 専攻演習II
教員氏名 森 厚
授業種別 週間授業
授業方法 演習
授業概要 【概要】
物理学の古典を読む。

【準備学習】
物理学についての興味関心を抱くように、物理学の歴史や、過去の物理学者について調べる。

【形態】
演習
到達目標 授業を受講しているだけで身につけられることは一切ありません。
以下の項目は学生の皆さんの努力があって達成しうる目標です。

1) 過去の物理学者が著した古典的な名著を読むことで、彼らの思考方法を体得し、説明できる。
2) 問題の解決方法を創造する意欲を高められる。  
授業計画 01. 春学期の復習
02.~14. 輪講と議論
  担当はあらかじめ設定する。
  基本的に毎回10ページ程度の進捗を予定している。
  しかし、理解が困難で多くの議論が必要な場合には、
  じっくり討論して考えることを優先する。
  また、期間中に予定されているゼミ発表会での発表準備を行う。
15. まとめ
授業時間外学習 予習:
 輪講に備えて、当該書籍を熟読し、分かりにくい点について整理しておく。
復習:
 ノートを整理する。
テキスト 新科学対話, ガリレオ・ガリレイ
その後の書籍は参加者の相談で決める。
参考書 演習の中で適宜紹介する。
評価基準 ゼミでの参加度(50%)とゼミで示すレジュメなどの資料(50%)を指標として総合的にその到達度を測り、以下のとおり評価する。

A: 過去の物理学者の思考方法を特筆すべき水準で説明でき、また、問題に対して解決する意欲と能力を特筆すべき水準で示している。
B: 優れた水準で上述のことができる。
C: 一応の水準で上述のことができる。
D: 最低限の水準で上述のことができる。
F: 上述のことができていない。
URL http://robo.mydns.jp/Lecture/
最終更新日 2014/08/07

ページトップ