サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

シラバス詳細情報

開講年度 2012年度
開講学期 2012年度 秋学期
授業コード 29637
科目 水と環境
教員氏名 森 厚
授業種別 週間授業
授業概要 環境の中で水の果たす役割は多様である。この講義では、他の講義科目との兼ね合いを考えて、水の役割を物理学的な視点から考えていく。

具体的には、大気・河川・湖沼・海洋など、地球上に存在する水の諸形態と運動に注目し、人間生活とのかかわりを考えていく。人間活動・生命活動は、水から恩恵を受けるばかりではなく、水を積極的に利用してきた。その一方で水によって危険にさらされている面もある。このように人間と水のかかわりには、多角的な側面がある。こうした観点から水の役割を考える。
到達目標 授業を受講しているだけで身につけられることは一切ありません。
以下の項目は学生の皆さんの努力があって達成しうる目標です。

・水の物理学的側面から、水の環境での役割を理解する。
・水をめぐる環境問題について自分で考える基礎を築く。

授業計画 01. イントロダクション
02. 地球史の中の水
03. 温室効果ガスとしての水
04. 大気中の諸現象を起こす水
05. 海洋の大循環
06. 水の大循環
07. 資源としての水
08. 災害をもたらす水
09. 都市と水
10. 汚染物質と水
11. 水の浄化
12. 生命と水
13. 復習と振り返り
14. まとめ
(15. 環境エネルギー館見学)
学生諸君の理解度によりスケジュールと内容を適宜変更する。
※ 学外施設(環境エネルギー館)の見学を予定している。期日は土日を想定している。実際の日程は講義内で連絡する。
授業時間外学習 十分な復習と、講義で課する課題に対する下調べを行うこと。
テキスト 特に定めない
参考書 授業中に随時紹介する
評価基準 講義参加度(25点) 小テストなど提出物(30点) 期末試験(45点)

A: 90 〜100点
B: 80 〜 89点
C: 70 〜 79点
D: 60 〜 69点
F: 0 〜 59点

30分以上の遅刻は基本的に出席として認めない。
URL http://robo.mydns.jp/Lecture/
最終更新日 2012/08/28

ページトップ