ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

2014日本学生陸上競技個人選手権大会

 標記大会が Shonan BMW スタジアム平塚(平塚競技場:6/20-22)で行われました。
 日本インカレは学校対校のため各大学最大3人のエントリーですが、個人選手権は各大学のエントリー数にとらわれず高い標準記録を突破した選手が一堂に会し、日本一を目指す大会です。

【成績】
 1500m: ラザラス・モタンヤ(健福1年) 優勝(3'51"72)
        予選:2組2着(3'57"47)
 5000m: ラザラス・モタンヤ(健福1年) 22位(14'34"9)
 3000mSC: 石川純平(LA1年) 27位(9'29"73)桜美林大学新記録

【コメント】
 1500mは、予選を順調に勝ち進んだラザラス(エントリーランキング7位)が関東インカレ優勝の実力を見せ初優勝で日本一に輝く。しかし、翌日に行われた5000mでは、3000mで先頭に立つも前日の疲労と足の付け根に痛みが出て失速。今後の回復と予選会に向け長い距離に移行することが課題。
 3000mSC(障害)は、石川が桜美林大学新で9'30"0を切る好タイム。入学当初は記録が伸びず我慢のレースだったが、ここにきて調子が上がりつつある。今後の成長が楽しみである。

ページトップ

ここからサイトの主なメニューです