ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

女子バスケットボール部 東京都夏季選手権大会 初のベスト4進出!【監督のコメント追加】

平成26年度 東京都バスケットボール夏季選手権大会
準々決勝で上位リーグの法政大学(関東2部)に勝利し、初のベスト4進出。
先制されるも後半粘り、延長、再延長を制しました。

以下は、チームを率いる川井明監督(健康福祉学群健康科学専修助手)のインタビューです。

【勝利の方程式】
3部の本学が2部の体格・実績に勝るチームに勝利したのは、決して奇跡ではありません。
それは一言でいえば、練習の成果です。私たちは練習終了直後、疲労がある中、シャトルランなど厳しい練習を行っております。そして、後半まで走り続け、最後まであきらめないチームを目指しております。
強豪チームと対戦しましたが走り負けませんでした。会場では「桜美林、やるな!」と応援していただけました。それが、今回の大逆転につながりました。
準々決勝では、最終ピリオド、3秒前に打たれた同点となるスリーポイントシュート。延長でも2秒前に追いつくなど、あきらめない気持ちで大きく選手が成長したとを感じます。
準決勝は、また強豪との対戦ですが、桜美林らしさを貫きたいと思います。


本学-法政大学
11-19
19-25
20-15
26-17
 8-8(延長5分)
 17-6(再延長5分)
total101-90

◎来週の試合日程
日程:7月6日(日)10:00〜
場所:武蔵野総合体育館
対戦相手:玉川大学(関東2部)

ページトップ

ここからサイトの主なメニューです