サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

プロフェッショナルアーツ

カリキュラムポリシー

健康福祉学群のカリキュラムポリシー

健康福祉学群の教育課程の編成は、社会福祉専修・精神保健福祉専修・健康科学専修・保育専修の4専修で構成されています。これら各領域に関連する資格取得を見据えて、プロフェッショナル教育の実現に向けた実践的なカリキュラムを設定しています。また、それぞれの資格に係る学習のみでなく、人間の一生を、心と身体の健康と福祉の観点から総合的に学ぶことや困難な課題に直面しても、自ら考えを組み立てて解決に取り組む、思考力や表現力、コミュニケ—ション力を伸ばすことを目標として、学群共通科目が設定されています。
教育課程の実施については、1年次または2年次に、「今日の健康と福祉」「心理学」「人間関係論」など、学群共通科目を履修し、健康と福祉に関する幅広い視点を養うようにします。また、4年間の学習を行うために必要な情報を適切に集め選択して活用する能力、ものごとを論理的にかつ批判的に考える能力、自らの考えをまとめ、発言したり、文章にまとめたりする能力を養うようにします。そして、各専修の基礎教育科目を履修し、専門とする分野の基礎を学びます。それ以降、各専修の専門科目である専修科目を履修することにより、専門性を強化します。専修科目には、演習・実験・実習・実技科目があり、現場での経験も積むことができます。専修科目の、ある領域に焦点をあてて、より深く学ぶために、3年次から専攻演習(ゼミ)があり、各自が関心を持つテーマでゼミ論文を作成します。
ゼミ論文をさらに発展させ、大学での学びの集大成である卒業論文・卒業研究に取り組むこともできます。また、各専修に横断する事項に関する科目も学ぶことができます。
「社会福祉」「健康科学」には、マイナー制度があり、要件を満たすことによって、専門として学習したことが認められます。

ページトップ