サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

大学院 老年学研究科 2014年度春季公開講座 『エンド・オブ・ライフを考える』5/17(土)

※申込み終了しました。次回は10月開催を予定しています。

本講座では、自分の人生の最期のケアについての希望を示すアドバンス・ディレクティブズ(リビング・ウィル)が日米の高齢者にどのように受け止められているのかについてと、日本の医療現場で行われている様々なエンド・オブ・ライフケアの取り組み等を紹介します。これらを通して、自分の生き方や価値観などを家族や大切な人、医療者に伝えることの大切さとそのための準備の必要性をあらためて考える機会にしていただければと思います。多くの方のご参加をお待ちしています。 

なお、大学院説明・相談会(老年学研究科)も同時開催しております。ご希望の方は、下記受講申込書にその旨をお申し出ください。

【講座内容】
1.日本のアドバンス・ディレクティブズと高齢者 鶴若麻理(聖路加国際大学 看護学部 准教授) 
2.米国のアドバンス・ディレクティブズと高齢者 仙波由加里(桜美林大学 加齢・発達研究所 スタンフォード大学 フリーマンスポグリ研究所 客員研究員)
3.日本の医療とエンド・オブ・ライフケア 大桃美穂(町田市民病院 看護部 看護師)

日時2014年5月17日(土)13:00~16:30 (大学院説明会は12:00~17:30で随時)
場所桜美林大学大学院 四谷キャンパスB1
参加費無料
申込み4/17(木)~5/10(土)に四谷キャンパスまで受講申込書を送付

お問い合わせ・お申込み

桜美林大学大学院 四谷キャンパス事務室
TEL : 03-5367-1321
FAX : 03-5367-1329
Email : g-schl-s@obirin.ac.jp

ページトップ