サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

桜美林大学臨床心理センター主催 公開講座3/16(土)

東日本大震災後、「心のケア」の重要さと同時に「そのあり方」について沢山の議論が交わされてきました。
何が適切で、避けるべき事は何か?それを知らないのであれば、支援はしない方が良いのでしょうか?

WHO版Psychological First Aid(PFA,心理的応急処置)は、緊急時にあるべき基本的な心理的支援のあり方を示すガイドラインです。

今回は心理の専門家として5ヶ月間被災地支援に携わっていらっしゃった河瀬さやか先生をお招きし、被災地での実体験を元に、私たち一人一人ができる心理的支援のあり方としてのPFAについて下記の通りご講演いただきます。


日時2013年3月16日(土)13:30~15:30(受付開始13:15~)
場所町田キャンパス 太平館5階 A504教室
講演題目「緊急時、現場で必要な心理的応急処置(PFA)とは?〜私たち一人一人にもできること〜」
講師河瀬 さやか先生
(東京女子医大付属女性生涯健康センター非常勤、国立精神・神経医療研究センター研修生)
参加費無料
申込み①氏名 ②勤務先、学校名 ③職種、学部学科名等をご記入の上、 桜美林大学 臨床心理センターまでお申し込み下さい。 電話による受付も可能です(当日参加も可)。

お問い合わせ・お申し込み

桜美林大学 臨床心理センター
TEL : 042-797-9856
Email : rinsho@obirin.ac.jp

ページトップ