サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

「発達障害と間違われやすい子どもの神経疾患と遺伝性疾患」臨床心理センター公開講座 12/17

 近年、自閉症やアスペルガー障害、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、LD(学習障害)といった発達障害を患う子どもたちの増加が問題になっています。メディアでもしばしば取り上げられ、多くの人に発達障害という言葉が浸透してきているのではないでしょうか。

 しかし、発達障害の早期発見と早期対応は大切ですが、発達障害や情緒障害に似て非なる神経疾患や遺伝性疾患があることにも気をつけなければなりません。そこで、より理解を深めるために、桜美林大学臨床心理センターでは小児神経の専門家である作田亮一先生(獨協医科大学越谷病院子どものこころ診療センター教授)をお招きし、公開講座を開催いたします。

※公開講座の後には、大学院志望者向けに大学院心理学研究科臨床心理学専攻の説明会も実施されます。

日時2011年12月17日(土)13:00~15:00
場所町田キャンパス 明々館 9階 A910
聴講料無料
お申し込み電話またはメールにて受付 ※当日参加も可
 電話番号 042-797-9856
 メール rinsho@obirin.ac.jp(お名前、お仕事を記載のこと)

お問合わせ・お申し込み

桜美林大学 臨床心理センター
TEL : 042-797-9856
Email : rinsho@obirin.ac.jp

ページトップ