サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

事前相談(研究室訪問)について

大学院課程の志願者は、出願前に希望する研究指導教員との「事前相談(研究室訪問)」を行うことができます。
※博士後期課程老年学研究科老年学専攻を志願する場合は、事前相談(研究室訪問)を必須としていますので、時間に余裕をもって、お申し込みをしていただきますようお願いいたします。万が一、事前相談(研究室訪問)を行わずに志願をされた場合は、志願を受付することができない場合ございますので、ご了承ください。また、海外に在住の方など、事情により、事前相談(研究室訪問)ができない場合は、まずはメールにてご相談ください。

目的

事前相談(研究室訪問)は、本学大学院の受験を検討するにあたり、研究テーマが希望する研究指導教員の指導可能なテーマであるかどうかを確認するために行われるものです。研究計画書作成の助言や、入試の内容に関することなどはお答えできません。

注意点(必ず確認してください)

事前相談(研究室訪問)の有無や相談内容によって、入試の合否に影響することはありません。また、研究計画書作成の助言や、入試の内容に関することなどはお答えできません。

申込方法

以下の項目につきまして、入試事務室(Mail:admssn2@obirin.ac.jp)にご連絡ください。

・氏名
・連絡先
・出願希望研究科・専攻
・希望する研究指導教員(決まっていない場合は、記載不要です)
・相談内容(研究希望分野等)
・最終学歴(出身大学名、専攻、卒業論文の詳細)
・現在の在籍校(日本語学校等)

※お送りをいただいた情報は、事前相談(研究室訪問)にのみ使用させていただきます。

事前相談(研究室訪問)の対応可能期間

出願後から合否発表までの期間の事前相談(研究室室訪問)を受付できません。
2016年度については以下の期間は、事前相談(研究室室訪問)を実施することがきませんので、注意してください。
(申込連絡は受け付けています。)

 ・冬期休業期間(2016/12/26~2017/1/9)
 ・土日祝祭日

 ※2017/4/1以降については、詳細が確定し次第、改めてご案内します。
 ※長期休業中にご連絡をいただいた場合、返信が遅くなることがありますので、ご承知おきください。
 ※大学アドミニストレーション研究科に出願を希望されている方につきましては、別途ご相談ください。

ページトップ