サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

カリキュラムへの思い

講義に加え現場での実習で、理論と実践をバランスよく学ぶ。

カリキュラムへの思い

臨床心理学専攻

教育課程の特徴は、資格取得の科目をはじめとする各心理学の専門領域の講義に加え、「臨床心理実習」「臨床心理基礎実習」「臨床心理査定演習」など実践力を養う実習・演習に力を入れていることである。特に臨床心理実習においては、医療、療育、教育、産業の各領域の外部機関で実習を行っているほか、内部に臨床心理センターを設置し、専門家の指導のもとに外部からの相談に対応し実際の臨床場面を体験できる。また本院では他院ではなかなか見られない徹底したスーパービジョンシステムを導入している。院生は各ケースに関してそれぞれの専門領域を持つ「クリニカルスタッフ(臨床心理士)」による個人スーパービジョンを毎回受けながら面接の実際を学ぶ。それに加えて各人が経験した事例をもとに、仲間と共に「ティーチングスタッフ(専任教員・臨床心理士)」によるグループスーパービジョンを受けるようになっている。クリニカルスタッフとティーチングスタッフは綿密な連携を取りながら、それぞれの特徴を生かした指導を行っている。
また、ティーチングスタッフにより「心理査定法」や「カウンセリング・ロールプレイ」「インテーク面接」「精神科面接ロールプレイ」などの実践的な講義・演習も行っている。
このように実践力を養う豊富な機会と多彩な科目が本研究科には開講されており、院生はきめ細かい指導の下、理論と実践をバランスよく学ぶことができる。

健康心理学専攻

「健康心理学特論」「健康心理アセスメント特論」「健康心理カウンセリング特論」などの基盤となる科目の他に、「ストレス特論」「心身医学特論」「産業領域の健康心理学特論」などの応用的な科目も設置されており、健康心理学に関する学びを深めることができるという特徴を持つ。2年次科目には、「健康心理現場実習」もあり、各種検査法、面接法、心理療法などに関する学内の事前学習を経て、保健福祉センタ-、学校保健室、企業、医療機関など、健康心理の実践現場において2週間の実習を行う。実習の体験については実習記録を提出するとともに、実習報告会での報告を通して、各自の体験とは異なる現場の実際を共有している。
また、本専攻では日本健康心理学会が認定する「専門健康心理士」の資格申請が可能となるカリキュラムが組まれている。

カリキュラムポリシー

教育課程の編成方針を紹介します。

ディプロマポリシー

学位授与に関する方針を紹介します。

このページに関する情報

総合研究機構について知る

ページトップ