サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

臨床心理学専攻【修士課程】

実習を重視し、臨床現場での即戦力となる「臨床心理士」を育成する。

臨床心理学を基礎学問として、心の健康に関する研究を行い、臨床心理士等の心の専門家及び優れた研究者の養成等を目的として、教育研究を行う。[桜美林大学大学院学則より]

専攻紹介

臨床心理学専攻では、教育、医療、産業、司法、福祉など各領域で活躍できる臨床心理士の育成を目的としています。
臨床心理学専攻は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から臨床心理士養成に関する「第1種指定大学院」の認可を受けていることから、所定科目を履修して修了すると同協会の認定資格である「臨床心理士」取得のための受験資格が得られます。
教育課程の特徴は、各心理学の専門領域の講義に加え、実践的な心理技法や「インテーク面接」「精神科面接ロールプレイ」などの講義・演習を行う点です。「臨床心理実習」においては、実践力を養う実習・演習に力を入れています。内部に臨床心理センターを設置し、専門家の個人スーパービジョンを毎回受けながら、外部からの相談に対応します。また、医療、教育、療育などの領域の外部機関でも実習を行っています。

修了要件と学位

科目分野単位数
専門科目18単位以上
自由選択科目(共通科目および両専攻専門科目)8単位以上
専攻演習 ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB各1単位、計4単位
合計単位数30単位以上
修士論文必修
学位修士(臨床心理学)

※以上の要件を満たして修了したうえで、修士(臨床心理学)の学位が授与されます。ただし、臨床心理学専攻の学生が「臨床心理士」の受験資格を取得する場合は、(財)日本臨床心理士資格認定協会指定の必修科目と選択必修科目を修得する必要があるので十分注意してください。

修了後の進路

修了者は現在、医療(精神科、心療内科、小児科)・教育(学校、児童相談所、教育相談所、大学学生相談室)・産業(企業相談室・EAP)・福祉(子育て支援センター、高齢者・母子・児童・障がい者対象の福祉施設)の各領域において、常勤あるいは非常勤の心理職として活躍しています。他に、地方および国家公務員(厚生労働省、法務省)、あるいは大学教員として常勤職についている修了者もいます。また、資格試験の準備期間のみならず、資格取得後もさらなる自己研鑽の時間確保のために非常勤を積極的に希望する修了者もいます(具体的な就職先名や進路については大学院説明会などでお伝えしています)。

このページに関する情報

総合研究機構について知る

ページトップ