サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

大学院

研究活動

在学生だけでなく修了生や教員も継続して研究し能力を伸ばす。

大学アドミニストレーション研究科の教員のすべてが、それぞれの分野で一級の研究活動を展開していることはもちろんですが、本専攻の特長はなんといっても、学生の研究能力を育て、修了後もそれを使い、伸ばしていくことを支援する仕組みを構築していることにあります。
本専攻では、学生の研究は必要なしとする専門職大学院の制度をあえて取ることなく、専門職者とは研究的な能力をもって実務に当たる者であるとの信念のもとに、修了要件に修士論文または研究成果報告を課し、社会を把握する真の力と科学的な目の養成に努めてきました。
そして、在学生、修了生と教員で組織する「大学アドミニストレーション研究会」を形成し、年2回の集会を持つとともに、年1回研究紀要の発行を行っています。
また、本研究科の教員が関与する学内研究施設として、大学教育開発センターとグローバル高等教育研究所があり、これらとの協力のもとに教育研究が遂行されています。

このページに関する情報

総合研究機構について知る

ページトップ