沿革

桜美林大学図書館の沿革

沿革

桜美林大学町田キャンパスの中央に位置する現在の図書館本館(三到図書館)は、1970(昭和45)年6月に建築された、鉄筋6階建て(2488㎡)の図書館です。
資料の増加にともない、1989(平成元)年には逐次刊行物(雑誌・新聞など)を収容する分館を増設、さらに2001(平成13)年には、本館・分館とは別に、視聴覚資料を収容する情報メディア室を増設しました。
その後、学園施設整備計画にともない2006(平成18)年3月を以て分館を閉鎖し、本館と分館を統合しました。2008(平成20)年4月には、新設された大学院四谷キャンパス地下1階に、四谷キャンパス図書室がオープンしました。
2016(平成28)年3月には情報メディア室を本館に移設しました。
現在、図書館施設は、町田キャンパスに図書館本館(三到図書館)、四谷キャンパス(現在千駄ヶ谷)に四谷キャンパス(千駄ヶ谷)図書室があります。

創立者・清水安三先生と三到図書館

図書館本館は、別名『三到図書館』ともいいます。この名は「読書する場合、心をそれに集中して、眼で見、口で朗読する」という意味の「読書三到」から命名されています。
「読書三到」という言葉は、中国南宋時代の思想家・朱熹(朱子)の「訓学齋規」の "讀書寫文第四" によります。
桜美林学園創立者である清水安三先生が、心読・看読・音読を反復する、真の読書する若者の育成を願って「讀書有三到、謂心到、眼到、口到」の文章から『三到図書館』と命名しました。

ページトップ