桜美林大学 国際協力専攻ホームページ



2004年度 秋学期

中込文子(3年)

<実習期間>

2004年10月9日〜2005年2月25日

<実習内容>

生活クラブ生協での実習は、私たち実習生の希望に沿うような形で、内容がかなり自由に組み込まれていきました。具体的な活動は、フォーラムへの参加、総合学習の手伝い、生活クラブ生協の配送活動(班・戸配)、配食サービス体験、事務作業、関連活動組織への訪問などである。この中でも私の実習のメインは総合学習に関わる活動であった。また、CSまちデザインという総合学習にかかわる活動をしている組織のもとでいくつかの小中学校へ訪問し、「食」に関する総合学習の時間を担当し、生徒と一緒に「食」について学んだ。

<感想>

 生活クラブ生協での実習は、とにかく様々な所へ自ら赴く実習だったといえます。決められた場所行く場面もありましが、出来る限り実習生であるこちらの希望を考慮した活動内容を提案して頂いたので、忙しくも充実した活動をすることが出来ました。また、活動をしていく中で多くの人と出会い、様々な年齢層の方と話すことで新しい考えを知り、自分の知識のなさを改めて実感する機会にもなりました。今回のインターンシップとしての活動は期間が限られていますが、この機会に新しく知った団体の活動や取り組みには、これからも機会を見つけて少しでも関わりが持てればと考えています。そして、このインターンシップを通して最も強く感じたことは、自分から動かなければ何も始まらず、自分からアプローチをしていくことで、新たな道が開けるのだということです。待ってるだけでは何も起こらず、自分の視野を広げたければ、まず動いてみること大切だと思いました。