桜美林大学 国際協力専攻ホームページ

履修上の注意・履修モデル

1 国際協力 教育・子ども・ジェンダー履修モデル

桜美林大学 国際協力専攻ホームページこの履修モデルは、国際協力の中でも子どもや女性などの社会的弱者へのエンパワーメントを中心に学ぶためのモデルです。
紛争などがない一見平和な状況のなかでも、貧困や社会的差別のために苦しむ子どもや女性が多くいます。
これらの社会的弱者の権利を守っていくことを目的とする国際協力です。

2 国際協力 紛争・平和構築について学ぶモデル

この履修モデルは、国際協力のなかでも紛争や戦争に関連して、紛争の発生原因、紛争の平和的解決、その後の復興支援、難民支援などを中心に学ぶための履修モデルです。
国際関係専攻の科目を多く履修することになります。

3 国際協力 援助政策について学ぶモデル

この履修モデルは、政府や国際機関による公的な援助政策を中心に、NGOなどの小規模な援助主体の援助政策も含めて、国際協力のマクロな政策運営について学ぶための履修モデルです。
経済学を同時に履修することが多くなります。

4 国際協力 国際交流・多文化社会について学ぶモデル

この履修モデルは、国際交流や人の移動に伴う多文化社会に関して学ぶためのモデルです。文化人類学や地域研究など、文化を扱う科目を履修することが多くなります。