孔子学院のご紹介

これまでの取り組み(2005年度~2008年度)

2005.11/1

 2005年11月1日 桜美林学園と中国国家中国語国際推進指導グループ弁公室により桜美林大学孔子学院設立のための調印式が行われました。調印式当日は、王毅中華人民共和国駐日本国特命全権大使および文部科学省、外務省の関係官庁・機関からの代表を迎えて実施されました。中国国家中国語国際推進指導グループ弁公室を代表して中華人民共和国駐日本国大使館公使参事官李東翔氏、桜美林学園を代表し佐藤東洋士理事長・大学長が協定書にサインしました。

2006.01/18

 2006年1月18日 桜美林大学と中国国家中国語国際推進指導グループ弁公室を代表して孔子学院を運営していく同済大学(上海市)との協定が行われました。これにより桜美林大学孔子学院が同済大学と協力運営していく概要がかたまり、9つのプロジェクトが確定。協定書には同済大学学長万鋼氏、桜美林大学学長佐藤東洋士がサインしました。

2006.01/24

 2006年1月24日 桜美林大学にて桜美林大学孔子学院説明会(太平館2階レクチャーホールにて)を実施。高等学校の先生、中国語の先生方、中国語教育にかかわる出版社の方々と学内関係者50名が参加しました。

2006.03/14

 2006年3月14日 早稲田大学名誉教授村山吉廣氏より楷樹(かいのき:孔子の樹として名高く学問の樹とされます)を寄贈されました。現在明々館前に植樹されています。

2006.03/16

 2006年3月16日 桜美林大学孔子学院除幕式典(桜美林大学等の学位授与式同日開催)を実施しました。当日は王毅中華人民共和国駐日本国特命全権大使への名誉博士号の授与式とスピーチが行われました。また同済大学副学長楊東援氏より挨拶をいただきました。同済大学より蔡建国国際文化交流学院院長、陳強国際文化交流学院副院長、蔡敦達日本学研究所所長、黄暁潔外事弁公室アジア担当5名の方が出席されました。

2006.03/17

 2006年3月17日 桜美林大学孔子学院開設記念講演が開催されました。石川忠久全国漢文教育学会会長による「孔子と文化」、陸倹明世界漢語教学学会会長による「漢語と世界」についての講演が行われました。

2006.03/20~03/22

 2006年3月20日~22日 桜美林大学孔子学院にかかわるすべての教員に対しての中国語教育研修を実施しました。

2006.04/5

 2006年4月5日 桜美林大学孔子学院「中国語特別課程」第一期生の入学式が行われました。

2006.04/7~04/8

 2006年4月7日~8日 桜美林大学孔子学院「中国語特別課程」第一期生の合宿を(桜美林大学文学部中国語中国文学科と合同で山中湖にて実施されました。

2006.04/15

 2006年4月15日 桜美林大学孔子学院「中国語・中国文化公開講座 -春季講座-」が開講されました。19講座を開講し、約140名の方が2006年7月15日まで学んでおります。

2006.04/27

  2006年4月27日 中国国家中国語国際推進指導グループ弁公室より副主任趙国成氏を始め、王慶存氏、王魯新氏、徐強氏、王暉氏、中華人民共和国駐日本国大使館胡志平氏が桜美林大学孔子学院を訪問しました。中国語特別課程の学生との懇談とNHKへの取材を受けました。

2006.05/8

 2006年5月8日 NHKテレビ「中国語会話」番組で、桜美林大学孔子学院「中国語特別課程」が「中国語学習最前線」という特集で放送されました。

2006.05/14

 2006年5月14日 HSKを桜美林大学キャンパスにて実施し、1169名が桜美林大学で受験しました。

2006.05/20

 2006年5月20日 今年度桜美林大学中国語広場第一回が開催されました。学内外の中国語学習者の中国語コミュニケーションの場として12月9日まで9回で実施します。

2006.06/4

 2006年6月4日 第5回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト東京エリア予選大会及び第2回桜美林大学中国語スピーチコンテスト中・上級の部を実施し、12名が参加しました。あわせて第2回桜美林大学中国語スピーチコンテスト「初級の部」が実施され、応募者43名うち一次審査通過者28名が出場しました。

2006.06/10

 2006年6月10日 企業向け中国語研修担当教員の研修を6月10日から24日まで全10回実施しました。

2006.07/6~07/7 

 2006年7月6日~7月7日 北京において孔子学院世界大会が開催され、38カ国約400名の孔子学院関係者が参加しました。桜美林大学孔子学院からは学院長光田明正らが出席し、共に中国語・中国文化の普及を目指す世界各国の関係者と交流しました。

2006.08/3~08/30 

 2006年8月3日~30日 桜美林大学孔子学院「中国語特別課程」第一期生ら22名が上海の同済大学国際文化交流学院で行われた夏期セミナーに参加し、全員が修了しました。

2006.08/12~08/16 

 2006年8月12日~16日 桜美林大学プラネット淵野辺キャンパスにおいて高校の中国語教員を対象とした高等学校中国語教員研修会を開催しました。研修会は(財)国際文化フォーラムとの共催で、中国国家中国語国際推進指導グループの支援および高等学校中国語教育研究会の協力をはじめ、講座を担当された高校・大学の中国語教育関係者により実施されました。

2006.10/28 

 2006年10月28日(日) 第3回桜美林大学中国語カラオケ大会が29組33名のエントリーにより実施され、皆さん自慢の歌声を披露しました。

2006.11/1 

 2006年11月1日 桜美林大学の創立者・清水安三先生の生誕地である滋賀県高島市に桜美林大学孔子学院高島学堂が開設されることとなり、列席関係者ほか高島市民200名が見守る中、調印式・開設記念講演及び除幕式が高島市にて無事執り行われました。調印式は佐藤東洋士桜美林大学孔子学院理事長と海東英和高島市長により行なわれました。除幕式は桜美林大学孔子学院高島学堂が設置される「近江聖人中江藤樹記念館」前にて実施され、看板に筆を入れていただいた高橋静豪先生からの挨拶を戴き、関係者らによる施設の見学をおこないしました。

2006.11/27 

 2006年11月27日、中国国家中国語国際推進指導グループ弁公室副主任趙国成氏が桜美林大学孔子学院高島学堂を視察された。視察に際しては、海東英和高島市長を表敬し、海東市長の案内のもと桜美林大学孔子学院高島学堂を訪れた。趙氏より、陽明園内にある日本で陽明学を広げた中江藤樹の記念館に高島学堂が設立されたことについて大変意義深いものであるとのコメントをいただくとともに、高島市の中国語・中国文化の普及に対しての取り組みへの感謝を表し、今後全力で高島学堂の発展に支援していく考えを表明した。

2007.05/8 桜美林大学孔子学院国際シンポジウム2007が開催されました。

 2007年5月8日、桜美林大学孔子学院が始めて主催する国際シンポジウムが桜美林大学町田キャンパスにて執り行われました。元駐中華人民共和国大使・谷野作太郎先生の基調講演に始まり、午後からのディスカッションでは日中言語教育の専門家、日中文化交流の第一線で活躍している方々から貴重なお話を聞くことができました。学内外の関係者や学生、一般の方など200名を越える方が来聴し、熱心に耳を傾けておりました。

2007.06/3 桜美林大学中国語スピーチコンテストが行われました。

 2007年6月3日、桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス(PFC)プルヌスホールにて第3回桜美林大学中国語スピーチコンテスト初級の部及び第6回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト東京エリア予選大会(兼第3回桜美林大学中国語スピーチコンテスト中・上級の部)が行われました。午前に行われた初級の部は25名、午後に行われた「漢語橋」には7名の出場者が得意の中国語を披露しました。「初級の部」の優勝の2名は8月3日~30日までの上海同済大学夏期短期留学(授業料免除、渡航費用提供)の褒章が与えられました。「漢語橋」優勝の2名は東京エリアの候補者として8月3日~13日の間中国で行われる世界大会へ推薦され、谷口華奈さんが世界大会で2位の成績をおさめました。

2007.07/1 全日本青少年中国語カラオケ大会日本最終予選が行われました。

 2007年7月1日、桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス(PFC)プルヌスホールにて、全日本青少年中国語カラオケ大会日本最終予選が開催されました。本大会は全国12都府県より54組61名の応募者があり、本大会には1次選考で選ばれた35組と本大会実施委員会特別枠に選ばれた4組の合計39組が参加しました。うち上位18組と本大会実施委員会特別枠に選ばれた2組の合計20組23名の皆さんが8月22日に行われる北京決勝大会へ駒を進めました。

2007.08/16 高校中国語教員研修が行われました。

 8/10~8/16に桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス(PFC)プルヌスホールにて平成19年度桜美林大学孔子学院高校中国語教員研修が行われました。5日間に渡るこの研修には19名の申し込みがあり、毎日熱心に講義に耳を傾けておりました。

2007.08/22 全日本青少年中国語カラオケ大会北京決勝大会が行われました。

 8月22日 中国北京にある中国メディア大学にて全日本青少年中国語カラオケ大会決勝大会が行われました。20組23名が出場し、4時間半にわたる熱戦を繰り広げました。また、翌23日には桜美林大学ともゆかりの深い陳経綸中学にて日中の学生が交流しました。

2007.09/22 高島学堂にて「中国文化を味わう会」が催されました。

 9/22、桜美林大学孔子学院高島学堂(滋賀県高島市安曇川)にて「中国文化を味わう会」が開催されました。「中国茶を楽しもう」「漢詩を楽しもう」「論語を書く」「京劇とは」の四つのプログラムで行われ、会場には高島学堂の公開講座受講生をはじめ、多くの方々に来ていただきました。

2007.10/30 第2回日本国内孔子学院大会が開催されました。

10月29日~30日、沖縄にある万国津梁館にて桜美林大学孔子学院主催の「第2回日本孔子学院会議」が開催され、9つの孔子学院、学堂が会議に参加しました。会議においては、各孔子学院の1年間の事業展開について報告が行われ、孔子学院の持続可能な発展と特色ある孔子学院作り及び孔子学院間の連携等について議論しました。本大会を通して、日本国内の孔子学院は「連携をもって共に発展する」という共通認識をもつことができました。

 中華人民共和国駐日本国大使館崔天凱特命全権大使より本大会の開催を祝う電報をいただき、また孫建明公使参事官が大会に出席されました。

2007.11/25 高島学堂にて『論語』特別講座が開催されました。

 11/24、25の2日間、桜美林大学孔子学院高島学堂(滋賀県高島市安曇川)において「漢語の世界を楽しもう」(『論語』を読む・『論語』を書く)の特別講座が催されました。9月に行われた「中国文化を味わう会」で好評だった植田渥雄先生と高橋静豪先生が再び高島市へ赴き、受講生に『論語』の魅力を伝えました。

2007.12/12

 12月11、12日の2日間、北京にて孔子学院世界大会が開催されました。64の国および地域から210の孔子学院の代表者が北京に集まり、今後の孔子学院の発展について協議しました。

2008.01/26 京劇講演会が行われました。

1月26日、桜美林大学PFCにて中国国家京劇院所属の唯一の外国人京劇俳優である石山雄太さんを迎え京劇講演会を行いました。当日は肌寒い天候の中、140名近い観客が集まり、間近で見る京劇に魅了されていました。

2008.03/8 「高等学校中国語学習のめやす」検討会が行われました。

3月8日、桜美林大学PFCにて桜美林大学孔子学院と財団法人国際文化フォーラムの共催で「高等学校中国語学習のめやす」検討会が行われました。高校の中国語教員と大学の中国語教員との間で活発な意見交換が行われました。

2008.03/22 桜美林大学と同済大学で中国語教員研修が行われました。

3月21~22日、提携校である上海同済大学において同済大学の中国語教員を対象とした教員研修が行われました。「日本の中国語教育の現状と特徴」「日本の中国語学習者の学習ストラテジーについての分析」 「桜美林大学孔子学院の教学方針、コースデザインと教授法」といった内容で行い、30数名の教員が参加しました。また3月28日には桜美林大学の中国語教員を対象とした教員研修が行われ、 「日中対照言語研究と中国語教育」をテーマとした講義の他、共通教材の教案作りを行い、参加した20数名の学内中国語教員は熱心に講義を聞いていました。

2008.05/11 第7回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト東日本地区予選大会が行われました。

5月11日、工学院大学新宿キャンパスにおいて第7回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト東日本地区予選大会が行われました。 27名の出場者が日頃の中国語学習の成果を披露しました。1等を受賞した2名は東日本地区代表として6月18日~7月25日に行われた中国での本大会に参加しました。

2008.06/1 第1回「漢語橋」世界中高生中国語コンテスト東日本地区予選大会が行われました。

6月1日、桜美林大学四谷キャンパスにおいて第1回「漢語橋」世界中高生中国語コンテスト東日本地区予選大会が行われました。 11名の初々しい出場者が高校生とは思えないハイレベルなスピーチを披露しました。 1等を受賞した3名は東日本地区代表として7月15日~7月30日に行われた中国での本大会に参加しました。

2008.06/21 第2回全日本青少年中国語カラオケ大会日本最終予選が行われました。

6月21日、桜美林大学PFCプルヌスホールにて第2回全日本青少年中国語カラオケ大会(2008「日中青少年友好交流年」認定事業)日本最終予選が桜美林大学孔子学院主催で開催されました。今年は11都府県より63組74名の申し込みがあり、 厳正な審査によって選ばれた41組が本大会に参加しました。昨年を上回る白熱した予選大会となり、 20組25名の出場者が8月に上海同済大学にて行われた決勝大会へ駒を進めました。 またNHK教育「テレビで中国語」でもおなじみの古川裕先生とローラ・チャンさんが来場し、ゲストトークを行いました。飛び入りゲストとしてタレントのアドゴニー・ロロさんも登場し、会場は大盛り上がりでした。

2008.08/15 平成20年桜美林大学孔子学院高校中国語教員研修が行われました。

8月13日~15日、桜美林大学PFCにて平成20年桜美林大学孔子学院高校中国語教員研修が行われました。今年は3日間で17名の参加者が発音指導や文法指導についての講義を受けました。

2008.08/29 第2回全日本青少年中国語カラオケ大会決勝大会が行われました。

8月29日、桜美林大学孔子学院主催、中国国家漢弁、中国同済大学の共催による第2回全日本青少年中国語カラオケ大会(2008「日中青少年友好交流年」認定事業)決勝大会が同済大学の129ホールで開催され、中国国家漢弁の許琳主任(中国孔子学院総部理事会総幹事)が本大会に出席されました。 日本最終予選で選ばれた20組(25名)が決勝大会に出場し、4時間にわたる白熱した接戦を展開。出場者の熱唱とパフォーマンスは600人近くの観客に感動を与え、会場には大きな拍手が絶えず響いていました。1回戦で選出された上位6組が決勝トーナメントを行い、大賞1組、二等賞2組、三等賞3組が選ばれました。

2008.11/4 第3回日本国内孔子学院大会が行われました。

11月3~4日、北陸大学において第3回日本国内孔子学院大会が行われ、日本国内11の孔子学院、4の学堂・課堂の代表者が集まりました。各孔子学院の事業報告と共に日本孔子学院協議会設立の調印式も行われました。

2008.12/12 第3回世界孔子学院大会が行われました。

12月9~12日、北京にて第3回世界孔子学院大会が開催されました。 78の国および地域から約500名の孔子学院代表者が北京に集まり、今後の孔子学院の発展について協議しました。

ページトップ