サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

桜美林の教育

クラスゲスト

留学生の日本語学習の授業をサポートしながら交流する。

桜美林大学では、現在約500人の留学生が学んでいます。

この留学生の日本語授業に参加して、共に日本語を用いた活動を行ったり、日本語学習の支援を行ったりする桜美林大学生を「クラスゲスト」と呼んでいます。

留学生には、地理的距離は近いのに知りあう機会が少ないアジア諸国からの学生や、中東や欧米など地理的に離れたさまざまな国からの学生もいますが、皆「桜美林で学びたい」と集まった留学生たちです。 
クラスゲストは自身の空き時間を利用して、留学生たちと直接コミュニケーションをとることができる貴重な学習機会です。

授業中の活動内容は、日本語で会話やディスカッションを行うことが中心ですが、その他にも日本語の読み物やニュースの内容を一緒に確認したり、体験型の授業で一緒に料理を作ったりするなど、バラエティに富んでいます。
  

活動を通して、普段何気なく用いている日本語でありながら「日本語母語話者間とは異なるやりとり」を体験し、新しい視点を得るといった他では得られない学びを実感することができます。

そして、今後ますます多言語多文化を背景とする隣人が増えることが予想される日本社会において、「日本語非母語話者と日本語を用いてどのようにつきあっていくか」を考えることは、クラスゲスト一人ひとりにとって大きな財産となるでしょう。

ページトップ