サイト内検索

※桜美林大学の情報を探す

桜美林の教育

レベル別の目標

初級から上級までの総合目標。

日本語プログラムでは、各レベルのコア科目および選択科目において、以下の目標を掲げています。

初級(レベル1・2)の総合目標

  1. 日本で生活するのに最低限必要な行動を達成するために必要な日本語を使うことができるようになる。
  2. 日本語の学習をさらに続けていくために必要な日本語の音声・表記・文法・語彙・談話・社会文化知識などの基礎を作る。
  3. 新しい言語を学ぶ楽しみを経験し、背景にある文化にも目を向けられるようになる。
  4. 日本語コミュニケーションにおいて、自分の使う日本語を意識し、教師等のアドバイスを得て学習目標を立てることができる。自分の周囲にある多様な学習リソース(学習資源)を活かして目的に応じた学習を進めることができる。

中級(レベル3・4)の総合目標

  1. 日本語を使うことで人間関係や情報のネットワークを拡大することができる。
  2. 生活をより高いレベルで楽しむために、日本語を使って自ら動くことができる。
  3. 簡単な日本語を使う仕事ができ、ある程度の助けがあれば、日本語を主たる使用言語とする仕事や勉強ができる。
  4. 日本語の学習をさらに続けていくために必要な日本語の音声・表記・文法・語彙・談話・社会文化知識を充実させる。
  5. 日本語コミュニケーションにおいて、自分の得意なところと苦手なところが自覚でき、教師等のアドバイスを得て学習目標を立てることができる。自分の周囲にある多様な学習リソース(学習資源)を活かして目的に応じた学習を進めることができる。

上級(レベル5・6)の総合目標

  1. 場面や状況に応じた多様な日本語表現に習熟し、文脈・目的に応じた適切な表現の選択ができるようになる。
  2. 「速く」「多くの」日本語情報を処理したり発信したりする能力を身につける。
  3. 日本語コミュニティでの社会や文化に習熟し、予期しない事態にも対応でき、必要に応じて日本語で人的ネットワークを拡大することができる。日本語コミュニティに自信を持って参加できるようになる。
  4. 日本語コミュニケーションにおいて必要な知識を論理的に整理することができ、日本語を使用して論理的な思考、分析、批判などができるようになる。
  5. 日本語コミュニケーションにおいて、自分の得意なところと苦手なところが自覚でき、自分で適切な学習目標を立てることができる。自分の周囲にある多様な学習リソース(学習資源)を活かして目的に応じた学習を進めることができる。

ページトップ