エントリーフォーム

第12回留学生による日本語スピーチコンテストが行われました

 2012年6月9日(土)桜美林大学国際寮にて第12回日本語スピーチコンテストを開催しました。

 スピーチコンテストには正規留学生6名、交換留学生3名、留学生別科生5名の計14名が参加しました。本学在学生だけでなく一般の方々もご来場くださり日本で学ぶ留学生の日頃の成果をご覧いただきました。

 こちらに、1~3位の出場者の発表の内容の概要と、受賞のコメント、今後の抱負などをご紹介します。

   

第1位 留学生別科 曹 雪倩さん

<スピーチ内容>
私の発表したテーマは、「私の考える真の豊かさ」でした。これは今年の冬休みのある出来ことから考えたことです。お金持ちの友だちとの会話から真の豊かさというのは一体何なのだろうと模索し始めました。
私の考える真の豊かさとは、目標を実現するために、努力した後の満足感です。それは
自分の手で作るもので、自分の心で感じるものです。お金で得た満足感はもろいもので、すぐ消えてしまいます。真の豊かさを得るために、日々の努力と充実感で生活を送ることが大事だと思っています。有意義な毎日を過ごせるように、私たちは目標を忘れず毎日頑張らないといけません。

<受賞の感想>
嬉しかったです!自分の努力の成果が出たと思いました。世の中には、努力してもできないことがたくさんあるけれど、努力しなかったら、必ずできないよといつも自分に言っています。頑張って目標を実現できた私はいかに幸運に恵まれた人なんだろうと思いました。

<今後の抱負>
9月に大学院に進学することになりましたが、私が学問を求める道はまだまだこれからです。しかし、私は頑張ります!!!日本での留学生活の一分一秒も無駄にせず、充実した有意義な毎日を過ごしたいと思っています。「今日も一日頑張りました」と寝る前に自分に言えるようにしたいです。これからもいろいろなことにチャンレンジし、自分を磨きたいです。

第2位 リベラルアーツ学群1年 フレルバトル サインサナーさん

<スピーチ内容>
 去年の9月からLA学群で学んでいます。日本人と友達になるたびに、よく聞かれる質問は「モンゴル人は学校まで馬に乗って行くって本当?」「モンゴルの住宅は電気使える?」などでした。やはりモンゴルと言えば、まず日本人が思い浮かべるイメージは、大草原や相撲などでしょう。しかし、モンゴルの首都であるウランバートルは、既に日本と異なる点は極めて少なくなったと思います。ですので、このスピーチをきっかけに、実際にモンゴルは今どのような状態で、モンゴル人はどのような日常生活を送っているかを伝えたいと思いました。

<受賞の感想>
たくさんの興味深いスピーチの中から選ばれて、大変嬉しく思っています。この嬉しさを胸に、これからも留学生として色々なところで活躍できるよう、これからももっと努力を続けていきたいと考えています。どうもありがとうございました。

<今後の抱負>
これからも、留学生の使命として、より多くの日本人や外国人に自国の伝統的な文化や、素晴らしい歴史について伝えていきたいと思います。また、今回のスピーチコンテストをきっかけに、これからもより広い範囲の活動などにチャレンジしてみたいと考えます。

第3位 留学生別科 兪 天昊さん

<スピーチ内容>
日本には「初心忘るべからず」という諺があります。意味は、何事においても、始めた頃の謙虚で真剣な気持ちを忘れてはならない、ということです。私たち留学生は様々な「初心」を持って日本にやってきました。しかし、日本に慣れるにしたがって、「初心」を忘れてしまいがちです。どうすればよいのか。折に触れ「初心」を心がけて振り返ることです。

<受賞の感想>
人前でスピーチしたことがなかったので、最初は申込みをしませんでした。しかし、先生に誘われて、自分もスピーチをするのは人生の良い体験談になるのではないかと思い、参加しました。テーマは自由なので、何にするかでずっと苦労しました。考えた後、やはり自分の留学生活に関わることがいいと思ったので、習ったばかりの諺の「初心忘るべからず」をテーマにしました。もちろん受賞を希望していましたが、発音はきれいではないと思っているので、本当に受賞できるかどうか自信がありませんでした。ですから、受賞の喜びもひとしおでした。まだ先の話ですが、来年のスピーチコンテストにも出たいです!

<今後の抱負>
 会話に自信がなかったのですが、今回のコンテストのおかげで、自信が少しわいてきました。やはり会話の練習は必要だと思います。これからは、本気で日本語の映画やドラマを見ながら、台詞のまねをしようと思っています。また、大学院進学に必要な日本語能力試験、TOEFL、TOEICなどでいい点数をとるために、頑張ります。もちろん、以上のことは全て大学院進学のためでもあります。

出場者のみなさん

氏名テーマ性別国籍所属
曹 雪倩私の考える真の豊かさとは中国 留学生別科
トゥムルバータル 
ツェルメグ
モンゴルの遊牧民の生活 モンゴル 交換留学
ドアン ティ 
テウイ ズオン
ベトナム語の美しさ ベトナム 交換留学
楊 興海 源氏物語の世界—私たちの世界 中国 リベラルアーツ
学群2年
韋麗思 私の日本語の勉強を始めたきっかけ 中国 留学生別科
ガンバートル 
チメデルハム
大嫌いから大好きになった言葉
「具体的」
モンゴル リベラルアーツ
学群3年
胡 楊傑 幸せになること 中国 リベラルアーツ
学群2年
王 震 いくつもの初めてがあるからこそ、
人生が豊かになる
中国 ビジネスマネジメント学群1年
フレルバトル 
サインサナー
あなたの知らないモンゴル モンゴル リベラルアーツ学群1年
ブイ テゥ クエン 両親について考えていること ベトナム 留学生別科
張 祥 中日飲食文化比較 中国 ビジネスマネジメント学群4年
章 佳麗 私の留学生活 中国 留学生別科
エルベグダワー 
ソヨルマー
いらっしゃいませ! モンゴル 交換留学
兪 天昊 初心忘るべからず 中国 留学生別科

お問合わせ

日本言語文化学院(留学生別科)事務室
〒252-0206 神奈川県相模原市中央区淵野辺4-16-1
TEL : +81-(0)42-704-7041(平日 9:00~17:00)
FAX : +81-(0)42-704-7033(終日)
Email : rywx@obirin.ac.jp

ページトップ