エントリーフォーム

時間割の例

時間割(例)
※クリックすると拡大表示できます。

*クラス数は学期によって異なります。 例)2016年度春学期:6レベル
*日本語レベル上級の学生は、学士課程の授業を履修することができるため、上記時間割と異なった
 スケジュールになります(教務主任による履修許可が必要)。

日本語演習

初級から上級まで、各自のレベルに合ったクラスで「聞く・話す・読む・書く」の総合的な日本語学習を行います。日本語の基礎をしっかりと固めると同時に、討論や発表など、進学後の学習に対応できるようなスキルを身につけることができます。
 

日本語演習(技能別)

大学入学を目標としている学生対象のクラスです。聴解、聴読解、読解など、主に日本留学試験「日本語科目」で高得点を得ることを目指して、技能別の授業を行います。
 

日本語演習(院進学)

大学院への進学を目標としている学生対象のクラスです。大学院に進学するために必要な専門書を読むための基礎となる読解力(長文読解・精読・速読)、アカデミックライティングなどを中心に授業を行います。論文検索の方法や研究計画書の書き方なども身につけることができます。
 

文章表現

大学・大学院入学後に必要な小論文やレポートの構成や書き方を学び、実際に作成することを通して身につけていくクラスです。身近な話題から社会問題まで様々な話題について話し合いながら考え、文章にまとめることを通して、論理的思考を身につけることができます。
 

ニュースで学ぶ現代日本

現代日本事情、日本社会のしくみを学びます。社会問題や時事問題について調べて発表したり、意見を交換したりすることを通して、自分の考えをわかりやすく述べる力を身につけます。
 

チュートリアル

個別対応型日本語授業。学生の目的に合わせて、学生と教員とが1対1で学習内容・方法・進め方などについて相談しながら学習を進めます。教員はサポート役として、随時学生と1対1で面談し、きめ細かい指導を行います。
 

ページトップ