ロゴマーク

ロゴマーク

Career 就職・資格

就職・資格 タイトル

世界の多様性を知り、異なる言語・文化を持つ人々と力を合わせる喜びや達成感を経験する4年間。各自の内面の成長は、スキルアップした外国語コミュニケーション力とともに、グローバルリーダーとしてのキャリアを切り拓いていく大きな原動力となります。そして卒業後、あなたの活躍の舞台となるのは「世界」。グローバル企業や国際機関、外資系企業などを中心に、あらゆる国・社会・文化・人々と触れ合い、協働しながら、世界をつなぐ橋渡し役として、多彩なスタイルの未来を描くことができるはずです。

めざす人材像

グローバル企業や国際機関などで、中核となって活躍する人材をめざします。
グローバル・コミュニケーション学群は、以下の全てを身につけた人材の育成を目標としています。

  • 高い実用レベルの語学力と、グローバル社会で通用するコミュニケーション能力。
  • 創造性豊かな思考力と、問題解決に向けた計画力や実行力。
  • 国や文化を越えグローバルに活躍できるリーダーシップ。
  • キャリアイメージ1
  • キャリアイメージ2
  • キャリアイメージ3

卒業後の進路

4年間の学習で身につけた力をもってグローバルな舞台をめざします。

  • グローバル展開をする企業、外資系企業、総合商社、金融業、製造業、サービス業、教育機関、公務員など
  • 国際機関(国連や経済協力開発機構、世界貿易機関など)
  • より高い専門性を学ぶため、海外を含む大学院への進学
栗原 悟

キャリアアドバイザー 栗原 悟

世界を舞台に活躍する人材になるために
大学4年間をどのように過ごすのか?

海外や外資系企業で働くには、世界に多様な価値観があることを理解すること、そして自分の価値観にとらわれないことが大切です。私自身、民間企業で海外勤務をしていた頃は、仕事面でも生活面でも、日本との違いに戸惑い苦労しました。しかしそんな中で違いを意識し、夢中で仕事にあたるうちに、その違いを楽しむ心のゆとりや「異文化対応力」が養われてくるもの。海外で働くからこそのやりがい、たくさんの異文化と触れ合う喜びを感じることができれば、それは豊かな人生を築く土台となるはずです。今後グローバル化が進む中で、若い世代のみなさんは、好むと好まざるとにかかわらず、世界と強く関わっていく日々を送ることになるでしょう。そのためにも大学時代には、さまざまな国や世代、職業など自分のバックグラウンドとは異なる人と出会う経験を積んでください。桜美林大学には、世界を知るためのプログラムが充実しており、留学生も数多くいます。多くのことを学び、たくさんの人と友達となってください。自身の世界観や価値観は自ずと広がっていくはずです。

キャリア支援

グローバルキャリアフェスタ

Copyright © J. F. Oberlin University. All Rights Reserved.

pagetop

Copyright © J. F. Oberlin University. All Rights Reserved.