日本の未来のパン考察

「今という時代にふさわしいパンを焼く。そのパンを軸に、未来へ繋がるあらゆることを考える。」そう語る杉窪シェフがオーナーの『365日』は、今や数多の食雑誌のパン特集でメインページを飾る大注目、大人気のパン屋です。その小さなパン屋に満ちる「パンを食べる幸福感」がどんな可能性を持ってこれからの未来へ大きく広がるのか!? おいしい試食と共に、杉窪シェフの「日本のパン」への想いを聴いてみませんか?

講師

杉窪 章匡
『365日』オーナーブーランジェ

杉窪 章匡

1972年12月25日に石川県で生まれる。
両祖父が輪島塗の職人という職人気質の家庭で育ち、自身も菓子職人として職人人生を歩み始める。大阪、神戸、東京、パリにて、フランス菓子屋、パン屋、ホテル、レストランなどで修行、そしてシェフとして働く。
365日24時間仕事のことだけを考え、美食、料理本収集、安全で美味しい食材探しはもちろん、環境、平和、思想、哲学、文化や歴史など彼の使命感による探究心には自他ともに一目をおかれている。
現在は、常識にとらわれない自由な表現と理論に基づいた今までにない調理法で「新しい伝統の創設」という次なる扉を開き歩き始めた、今注目の次世代を担う唯一無二の職人である。

2013年2月 飲食プロデュース、コンサル kitchenを設立
9月 ベーカリーカフェ「テーラ・テール」プロデュースオープン
10月 福岡市早良区にてベーカリーカフェ 「ブルージャム」 プロデュースオープン
10月 ウルトラキッチン株式会社を設立
12月 神奈川県川崎市にてベーカリー 「セテュヌ ボンニデー」プロデュースオープン
12月 東京渋谷区にて自身の店 「365日」オープン

受付終了

講座番号/コードNo Y14352
申込締切日 2014年10月27日
定員 20名
受講料 8,220円
教材費 0円
回数 全2回
日程 11/5(水)・11/12(水)
時間 19:00~20:30 
使用テキスト プリント(レジュメ)配布あり
実施日 内容
1 11/5(水) 365日から発信する「パンを通じて伝えたい幸福」とは (試食付き)
2 11/12(水) 365日が考える“おいしいパン”、未来へ焼き続けたい“日本のパン”とは (試食付き)

ページトップ