農家が野菜にできること、野菜が未来にできること

輸入野菜の激増による国産野菜の値段の暴落。TTPや食品偽造表示など、食の生産・流通現場を厳しく見つめる機会が増えた消費者の、食の安全・安心への関心はますます高まっています。
本講座は、食の中でも新鮮さやおいしさ、健康維持や疾病予防に有用な様々な働きなどが常に注目されている野菜を「選び見極める知識と目」を持ち、本物の野菜を知るコツを学びます。4つの視点から語られる野菜を、ぜひシリーズで学びましょう。(Y14305、306、307、308)

野菜作りに欠かせない「土・肥料」にこだわり、定番野菜はもちろん、最近ではお店では売っていない「西洋野菜」「地場野菜」「ミニ野菜」「色物野菜」など、少し変わった珍しい野菜も合わせると、年間140種類もの野菜たちを、たったひとりで丁寧に栽培している武井さん。
小さなころから「農家」になることを拒否し、食にも興味が無いサラリーマンだった武井さんが、こんなにも正面から「農業」に携わるようになったのは、いったい何故? そんな専業秘話や、人気のレストランシェフ達が毎日届くことを待ちわび、宅配やマルシェでもリピーターが増え続けるタケイファームの野菜作りへのこだわりや思いをお聞きしたくて、本当においしい野菜のような“ひと味違う作り手の話”をお願いしました。新鮮野菜の選び方、野菜の効能やレシピはもちろんですが、採れたて野菜ならではのおいしさ、本物の野菜の味を楽しんでいただきたいという真摯な武井さんの情熱を、講座を通じて体感してみませんか? もちろん、採れたて野菜の試食付きです。

★6月15日(日) タケイファームで野菜に触れるフィールドワーク!(自由参加/別途費用)
講座の後の6月15日に、畑でのフィールドワークを予定しています。武井さんの畑を歩きながら季節の野菜の説明を伺い、その後収穫体験。収穫した野菜はお土産にお持ち帰りいただけます。畑での講座終了後は、武井さんが野菜を届けているイタリアンレストランで、タケイファームの野菜を使ったスペシャルランチに舌鼓を打ちながら、楽しく懇談しましょう。
  *詳細は1回目の講座でご案内します
  *ランチのレストランは変更になる場合もあります

講師

武井 敏信
タケイファーム代表

武井 敏信

子供の頃、一番やりたくなかった「農業」という職業に就いて12年目。今まで300種類を超える野菜を栽培し、年間栽培する野菜は140種類以上。農業の奥深さに惚れ込み、「野菜作りに終わりはない」という思いのもと、おいしい品種にこだわって農業を経営しているタケイファームの代表。

【紹介メディア】
NHK「首都圏ネットワーク」「こんにちはいっと6けん」、
日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」、
テレビ朝日「ウチゴハン」「モーニングバード」、
フジテレビ「SMAP×SMAP」、千葉テレビ「熱血 BO-SO TV」他

「日本経済新聞」「日本農業新聞」他

「家庭画報」、「家庭画報別冊 菜園ガーデニング」「やさい畑」、「AneCan」、「美STORY」、「散歩の達人」、「eclat(エクラ)」「ベランダで実る 野菜をつくろう!」「婦人画報」、「タキイ種苗 はなとやさい」他

TOKYO FM「Honda Smile Mission」。

受付終了

講座番号/コードNo Y14306
申込締切日 2014年05月19日
定員 20名
受講料 7,200円
教材費 0円
回数 全2回
日程 5/28(水)・6/4(水)
時間 19:00~20:30
使用テキスト プリント(レジュメ)配布あり

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 5/28(水) 心を込めて栽培した野菜、お客様の口に入るまでが責任!
~鮮度を維持するための、タケイファームの裏話~
2 6/4(水) 農業を変えたい!
~新しい農業を目指してのお話~

ページトップ