歴史ある醤油のルーツ“ひ志お”新体験

私たちが、日常の食生活の中で感じる「甘味」「酸味」「苦味」「塩味」「うま味」。中でも食べ物のおいしさを決定づける大きな役割を持つ第5の味覚「うま味」の奥深い魅力について、日本の伝統的な発酵調味料や食材を通じて、老舗の講師たちから楽しく学べる、またとない希少な講座です。
「うま味」は今から100年前、池田菊苗博士によって発見された日本独自の味。昆布、かつお節、しいたけなどから取れる「うま味」は、近年世界の一流シェフ達にも注目され、1985年に「UMAMI」として世界用語にもなりましたが、「うま味」をきちんと分かる舌を持っているのは、なんと私たち日本人だけとか。
この日本伝統の味覚をしっかりと学び、素晴らしい再発見ができる講座を、ぜひシリーズでお楽しみください。(Y13351、Y13355、Y13358、Y13364)

1630年創業の「銚子山十」さんは、“ひ志お”の伝統製法を継承する製造元。“ひ志お”は“醤”とも表記されることより醤油のルーツとも言われ、万葉の昔からある伝統的かつ万能発酵調味料です。「銚子山十」さんのある千葉・銚子の地は、江戸時代より醤油の大生産地で“ひ志お”づくりに最適な自然の恵みに満ちています。また、江戸時代後期に書かれた当時の旅行ガイドブックには、銚子のお土産物として“山十のひ志お”が掲載されていました。江戸の昔から、“山十のひ志お”は銚子の名産品なのです。
講座では、「銚子山十」の室井房治さんより“ひ志お”の歴史や作り方、おいしい食べ方までを魅力いっぱいにお話しいただきます。日本古来の調味料の可能性を、楽しく発見、体感しましょう。

講師

室井 房治
ひ志お 銚子山十代表 

受付終了

講座番号/コードNo Y13358
申込締切日 2013年11月11日
定員 20名
受講料 7,000円
教材費 0円
回数 全2回
日程 11/20(水) ・ 11/27(水)
時間 19:00~20:30

ページトップ