魅力がいっぱい! 缶詰博士のおいしいお話
味覚の玉手箱 缶詰の魅力

手軽にパッと開けて、すぐに食べられるのが醍醐味の缶詰。しかし実際は「保存食」としてストックされたままだったり、「加工品として補助的な調理に」「手抜き料理に」などという、寂しい使われ方もあるようです。この講座では、そんな缶詰へのカン違いが一新できます。
缶詰に精通し、これまでに食べた缶詰の数は46カ国で1,000種類以上という缶詰博士 黒川勇人氏を講師に迎え、古くは缶詰の歴史からその驚くべき製造方法、シンプルかつおいしい食べ方までを、試食を交えて伝授していただきます。
身近で宝の箱のようにおいしさがぎゅっと詰まった缶詰の、様々な魅力と楽しみ方を存分に体験してみませんか?

講師

黒川 勇人
タレント 缶詰博士 ものづくりナビゲーター

昭和41年福島県生まれ。缶詰に精通しているところから“缶詰博士”と呼ばれ、新聞やテレビなど様々なメディアで活躍中。「缶詰料理ショー」など食に関するイベントのほか、「ものづくりトークショー」など日本のものづくりを紹介する講演を行っている。
著書に「おつまみ缶詰酒場」(アスキー新書)、「缶詰博士・黒川勇人の缶詰本」(タツミムック)などがある。
●商品協賛:k&k 国分株式会社

受付終了

講座番号/コードNo Y13353
申込締切日 2013年10月15日
定員 20名
受講料 7,000円
教材費 0円
回数 全2回
日程 10/23(水)・1/29(水)
時間 19:00~20:30
使用テキスト プリント(レジュメ)配布あり

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 10/23(水)
1.缶詰の歴史 ~ 戦争と缶詰
2.缶詰の製造工程
3.テイスティング
2 1/29(水) 1.世界の缶詰・日本の缶詰
2.おいしい食べ方
3.テイスティング

ページトップ