本当においしい豚肉の秘密 ~湘南の豊かな環境で育ったおいしい豚とは~

神奈川県藤沢市で育てられ、湘南の観光農園で開催されるバーベキューイベントが話題となり、今では多くの飲食店で見かけるようになったみやじ豚。みやじ豚を食べた人が口を揃えて「美味しい」という、その豚肉の秘密について話を聞きます。豚肉の美味しさを決める3要素とは何か。業界で一般的に伝えられている美味しさの秘訣とみやじ豚の違いはどこにあるのか。お客様とのコミュニケーションを積極的に取ってきた養豚農家から、普段知り得ることのできない生産の現場と、流通の仕組みについて話を聞くことができる貴重な機会です。豚肉の美味しさの秘密に限らず農業界の現状や、全国の若手農業者や都心の農業に関心の高い人が集まり様々な取り組みを行う「農家のこせがれネットワーク」についてなど、幅広い話題が楽しめる講座です。 尚、11月11日のみやじ豚バーベキューの詳細につきましては、10月24日の講座の中でご案内する予定です。

*バーベキューの費用は受講料に含まれています。
*交通費は受講料に含まれていません。現地集合・現地解散となります。

講師

宮治 勇輔
株式会社みやじ豚 代表取締役社長 / 特定非営利活動法人 農家のこせがれネットワーク 代表理事

宮治 勇輔

1978年、神奈川県藤沢市の小さな養豚農家の長男として生まれる。慶応義塾大学総合政策部卒業後、株式会社パソナに入社。起業を夢見て出社前に勉強を続ける中で、一次産業における後継者不足は魅力のない産業だからだと理解し、実家の養豚業を何とかしたいという想いがふくらむ。
一次産業の抱える問題を解決するためには、生産から消費者の口に届けるまでを農家が一貫してプロデュースすることが必要だと感じ、従来の一次産業のイメージを払拭して、「かっこよくて・感動があって・稼げる」3K産業に変革できると確信、実家を継ぐことを決意する。
実家に戻ってからは、みやじ豚をブランド化するためのプロデュース活動に注力し、バーベキューやレストランでのイベントを開催し続ける。口コミやメディアに取り上げられることで認知度が高まり、2006年9月に株式会社みやじ豚を設立。2008年にみやじ豚は農林水産大臣賞を受賞。
また、農家のこせがれネットワークを立ち上げ、農家が胸を張って自分の息子に対して「農業は素晴らしい仕事だぞ、お前も将来やってみないか?」と言える産業に変革するために活動中。

受付終了

講座番号/コードNo Y12352
申込締切日 2012年10月14日
定員 20名
受講料 8,000円
教材費 0円
回数 全2回
日程 10/24(水)・11/11(日)
時間 10/24(水) 19:00~21:00  11/11(日) 12:00~

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 10/24(水) 四谷キャンパスにて、みやじ豚のおいしい秘密とは
2 11/11(日) 藤沢市内の観光農園にて、みやじ豚バーベキュー(12:00~)

ページトップ