薬膳を楽しく学ぼう(入門)
病気を寄せつけない家庭薬膳の実践

薬膳は中国古来の食事療法であり、中医学理論にもとづいた食養生の集大成です。病院および医師の不足状態が続いている昨今、また環境汚染が著しい状況において、私たちは不安と隣り合わせで暮らしています。自分の健康を自分で守らねばならなくなっているのです。
薬膳は、薬を入れた料理という意味ではありません。食材と人間の体と環境の三方向から健康をとらえ、家庭の食生活にすぐ利用できる身近な料理です。四季の薬膳、未病を治す薬膳を中心に、老いも若きも日々健康に暮らす養生法を学び ましょう。

講師

正岡 慧子
薬膳研究家・作家

正岡 慧子

アメリカ系広告代理店勤務を経て作家となる。その後東洋医学を学び、1988年中国西安中医薬研究院に鍼灸留学をし、生活の知恵としての薬膳に出会う。
主な著書は、実用書に『薬膳ごはん』『薬膳ノート』『病気をよせつけない新食事読本』などがあり、児童書・絵本に『くませんせいはおいしゃさん』『ぶたのほかほかパンやさん』他多数。現在、日本中医食養学会顧問、日本文藝家協会会員、日本医史学会会員、日本児童文芸家協会会員。

受付終了

講座番号/コードNo Y11355
申込締切日 2011年10月24日
定員 20名
受講料 受講料 16,000円
教材費 0円
回数 全6回
日程 11/1(火)・11/8(火)・11/15(火)・11/22(火)・11/29(火)・12/6(火)
時間 13:00~14:30
使用テキスト プリント(レジュメ)配布あり

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 11/1(火) 薬膳とは何か?
食物の効能(五味・五性について)- 黒豆茶の試飲
2 11/8(火) 陰と陽の理論と体質
秋の薬膳 (風邪の治し方・肌の乾燥を防ぐ)- 杏仁茶の試飲
3 11/15(火) 五行とその運用
環境悪を予防する(亢酸化・免疫強化・解毒)- 黄耆茶の試飲
4 11/22(火) 五臓の働きと養生法(1)
肝臓・脾臓・腎臓の養生と薬膳 - サンザシ茶の試飲
5 11/29(火) 五臓の働きと養生法(2)
肺臓と大腸・心臓と小腸の働きと薬膳 - 人参茶の試飲
6 12/6(火) 気・血・水の理論と養生法
冬の薬膳(補気・補血・理気・活血) - 陳皮・紅花茶の試飲

(注)お茶の試飲は内容を変えることもあります。

ページトップ