自閉症の見分け方と改善法

自閉症の発症メカニズムは、人間の社会性の意義を深く考えさせられます。0歳から就学期までの自閉症児の歩みを解説し、併せて発達論的アプローチという新しい介入方法を実技を交えて紹介します。
「数字と踊るエリ 娘の自閉症をこえて」(講談社ノンフィクション賞最終候補作)の著者が、親でなければわからない自閉症の真相を明らかにします。

講師

矢幡 洋
矢幡心理教育研究所所長 臨床心理士

矢幡 洋

京都大学心理学科卒。
精神病院相談室長、東洋大学・西武文理大学講師を経て、現在矢幡心理教育研究所所長。
著作は約40冊に及び、TVコメンテーターとしても芸能・犯罪・政治とジャンルを問わず幅広く活躍。また、最近のバラエティ番組にも出演。臨床心理士資格ができた年に資格を取得した、この道約30年のキャリアを持つ。

受付終了

講座番号/コードNo Y12557
申込締切日 2013年02月11日
定員 20名
受講料 10,000円
教材費 0円
回数 全4回
日程 2/19(火)・2/26(火)・3/5(火)・3/12(火)
時間 10:30~12:00

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 2/19(火) ママの顔を見ない赤ちゃんたちと、その後
自閉症の最新の知見とその見分け方
2 2/26(火) エンゲージに誘う
自閉カプセルから出て、社交的関係に参与させるためのテクニック
3 3/5(火) コミュニケーション能力を伸ばす
相手のコミュニケーション能力を引き出すためのハウツー
4 3/12(火) 思考力を高める
発達障害に共通する「考えずに衝動的に行動する」傾向を変えるハウツー

ページトップ