高齢化社会における傾聴のすすめ

本格的な高齢社会を迎え、高齢者と接する機会が多くなっています。高齢者同士や世代間の交流は、現代社会の重要な人間関係の課題といえます。この講座では、高齢者が円滑なコミュニケーションを行い、豊かで質の高い生活を送るための基礎として、カウンセリングの基礎、コミュニケーションの方法、心身の加齢変化の特徴、認知症を含む高齢者に多い疾病とその対応、予防の考え方、そしてより良く老いるヒントを取り上げました。

講師

長田 久雄
医学博士  桜美林大学教授  桜美林大学大学院老年学研究科長

長田 久雄

研究テーマは高齢者の心理・社会的特性、認知症の心理的ケアであり、著書には「老年学要論」建帛社、『心ふれあう「傾聴」のすすめ』河出書房新社、「認知症ケアの基礎知識」ワールドプランニング等がある。
主な所属学会は日本老年社会科学会、日本認知症ケア学会、日本老年行動科学会、日本応用老年学会等

渡辺 修一郎
医師  医学博士  桜美林大学教授

渡辺 修一郎

研究テーマは健康長寿の要因解明、生活の質、生活習慣病および老年症候群の予防と管理、保健医療サービス等であり、著書には「高齢社会の『生・活』事典」社会保険出版社、「老年学要論-老いを理解する-」建帛社、「高齢者福祉の世界」有斐閣、「からだの年齢事典」朝倉書店、「高齢者の生活習慣に対する介入研究」等がある。
主な所属学会は、日本応用老年老年学会、日本老年社会科学会、日本疫学会、日本公衆衛生学会等

受付終了

講座番号/コードNo Y12554
申込締切日 2012年11月02日
定員 20名
受講料 7,500円
教材費 0円
回数 全3回
日程 11/12(月)・11/19(月)・11/26(月)
時間 13:00~14:30
使用テキスト プリント(レジュメ)配布あり

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 11/12(月) 傾聴、受容、共感などのカウンセリングの基礎とコミュニケーションの基礎知識 (長田久雄)
2 11/19(月) 身体的老化と高齢者に多い身体疾患、日常生活機能の加齢と維持について (渡辺修一郎)
3 11/26(月) 心理的加齢変化、高齢者の心理的特徴、認知症の予防、そしてサクセスフル・エイジングについて (長田久雄)

ページトップ