喪失・悲嘆に向き合う グリーフ・カウンセリング(初級~中級)

この講座は、いま世界の主流である積極的・能動的な構成主義のグリーフ・カセウンリングの理論と実際を伝えるものといえる。東北大地震の被災者の多くが心のケアを求めている。多くの人々が実際に現地で活躍しているが、残念ながら悲嘆主義の技法に終わっていて、生き残った意味を積極的につくりだすことには成功していない。今回は、構成主義・ナラティヴ・リメンバリングする会話・外在化等、新カウセンリング理論をグリーフに組み込んだ新プログラムになっている。また、希望すれば実践の機会も与えられる。

講師

水野 治太郎
麗澤大学名誉教授 

水野 治太郎

臨床人間学専攻。
喪失体験者を中心に、支援方法を探究。20年間にのべ3千名以上の人々に向き合ってきた。

鈴木 剛子
グリーフ・カウンセリング・センター(GCC)代表

鈴木 剛子

カナダ、キングス大学にて死生学と悲嘆学の専門課程修了。
現在は都内でGCCを主宰。認定グリーフ・カウンセラーを輩出している。

生田 かおる
横浜国大留学生センター非常勤カウンセラー、青山学院大学・産業能率大学非常勤講師

生田 かおる

ワシントン家族療法研究所集中コースを修了し、北オランダ心理療法研究所非常勤カウンセラーとして活躍後、現在は横浜国立大学留学生センター非常勤カウンセラー、青山学院大学・産業能率大学等の非常勤講師。

受付終了

講座番号/コードNo Y11554
申込締切日 2011年10月12日
定員 20名
受講料 20,000円
教材費 下記参照
回数 全8回
日程 10/22(土)・10/29(土)・11/5(土)・11/12(土)・11/26(土) ・12/3(土)・12/10(土)・12/17(土)
時間 10:30~12:00
受講対象者 一般市民・喪失体験者・看護師・介護士・カウンセラー等
使用テキスト名 教材
『人生のリ・メンバリング』
ロレイン・ヘツキ・ウインスレイド著 小森康永他訳  金剛出版 価格:2,940(税込) 

副教材
『<大切なもの>を失ったあなたに』
ロバート・A・ニーメヤー著 鈴木剛子訳 春秋社 価格:2,415円(税込)

各回テーマおよび内容

実施日 内容
1 10/22(土) 亡き人との絆—リメンバリングする会話(水野治太郎)
2 10/29(土) 死にゆく人との会話(水野治太郎)
3 11/5(土) 一人では抱えきれないグリーフもある(鈴木剛子)
4 11/12(土) グリーフの課題と取り組む:安心感を取り戻すために(鈴木剛子)
5 11/26(土) 成長志向のグリーフワーク:死別に意味を求めて(鈴木剛子)
6 12/3(土) ワーク:例外と工夫からオルタナティヴ・ストーリーを作る(生田かおる)
7 12/10(土) 私らしさとは何か(多声的アイデンティティ)(水野治太郎)
8 12/17(土) 倫理的遺言(水野治太郎)

ページトップ